「タイランドも夏入り! バラマンディ釣り @モンコン フィッシングパーク特別池」2021年3月28日

テッチャン

タイランド単身赴任中。釣った魚は自分で料理して食べたい派。ライトゲーム全般、特にライトジギング、餌釣りではフカセ釣りが好み。コウちゃんと知り合い、日々面白い釣りを探している。「バラシのテッチャン」と呼ばれているが、実はあまりバラさないのは秘密。

テッチャンをフォローする

皆様、こんにちは。私「テッチャン」はタイランドでお魚釣りを楽しんでいる一人です。

今回は、2021年3月28日「モンコン フィッシングパークでのバラマンディ釣り 」の模様をレポートします。

 

モンコン特別池

ケンちゃんから、モンコンの特別池に行きたいとの連絡を受けたのが1月かな。

予約をしてメンバーを集めるも、一瞬で決まるどころか当初の予定人数より多くなってしまった。

帰任前最後のバラマンディ(おまけでレッドテールキャットフィッシュ)釣り、楽しんでね。

  

自分には珍しく、3回連続の釣り堀釣行記。

ここ最近は非常に暑い日々が続いており、この日も非常に暑い1日となりました。

 

モンコンフィッシングパーク(Mongkol Fishing Park)は、チャチュンサオ県にあるバラマンディ釣り堀です。

今回は、ここの管理する特別池(養殖池)での釣りとなります。

(以下、モンコンとさせて頂きます)

 

前回のモンコンフィッシングパーク (特別池)での釣りの様子はこちら。

「でっかいルアーを投げまくれ! バラマンディ釣り @モンコン フィッシングパーク特別池」2020年6月27日

 

MOTO編集長のモンコンフィッシングパーク(通常池)での釣りの様子はこちら。

「タイの釣り堀 モンコンフィッシンパークでバラマンディ」

 

この特別池での釣りは、私達の間では「出荷作業」と呼ばれており、細かいレギュレーションは無し。

とにかく釣りまくり、釣った魚は一旦別の池に隔離された後に出荷されていきます。

入っているお魚さんで確認できているのは、バラマンディとレッドテールキャットフィッシュ(以下 レッドテール)。

もしかしたら、他にも入っているのかな?

テッチャンの大好きな、大きめのルアーを投げまくり~!これが楽しいんです。

 

メンバーは、油売りさん、ケンちゃん、ヤッジーさん、秀さん、塚ちゃん、タカちゃん、やっちゃん、バンビさん、梅ちゃん、テッチャンの計10名。

今回は人数も多いし、楽しい釣行になりそうだ。

 

実は今年の初釣りでこのモンコン特別池に来ていたんです。

寒さもあり、活性が低く、午後までアタリがほぼ無かったんです。

またその直後より私の住む町でCovid-19の多数の感染が確認され、会社に行く事が出来ずに在宅ワークとなりました。

そんな事もあり、記事にするのを自粛していました。

 

朝7:45、モンコンに無事到着。

ここでお昼ご飯のオーダーと釣り代金にの支払いを済ませてから、特別池に向けて出発。

 

モンコン特別池への移動

先導のバイクの後ろに着いてぞろぞろと走っていく。

周りに池いっぱいあるじゃん、ここでいいじゃん、とか思いながらグングン進む。

 

実際、この日も通れない車のみ迂回するなどした場所もありました。

前回記事に書きましたが、私はこの移動で車のリアのナンバープレートを紛失した事があります。

車高の低い車では通過困難なポイントも、目的地によってはあります。

この点注意頂き、できるだけ車高に余裕のある車での参加が安心かと思います。

 

今回は遠い。30分近く走ってようやく到着したのは・・・あれ?

なんか見た事ある場所だと思ったら、以前来た事ある池だよね。

先導してくれた方の配慮により、それでも通過困難ポイントを回避してくれたのかな。

心遣いありがとうございます。

 

釣り堀に到着

到着し、まずは荷物をベースに運ぶ。

一度日陰に入ると出たくない。

この時点で汗が止まらない・・・暑い1日になりそうだ。

 

釣り堀で釣る

そして真っ先にキャストしたがるのはこの私、テッチャンである。

ルアーぶら下げた竿を助手席に乗せて走ってきたので、本気を出せば到着後15秒でキャスト可能。

まあ本気は出しませんでしたがね。

 

まずはトップ狙いでしょ。

いや出るわけないすよ・・・とか、塚ちゃんと話ししてたら、ドーン!

トップで「出た!」んだけど、出られちゃった本人がびっくりしちゃって「あーびっくりしたw」。

 

「いや、本当に出るとは思わなかったんすよ」・・・なんて言い訳してたら、本日の一番はこの方。

 

バラマンディを釣ったバンビさん

釣り堀マスター、バンビさんでした。

おめでとうございます。

 

今回もランディング、針外し担当の方が3名付いてくれております。

 

この池のバラマンディーは結構大きめで5kg~8kg位かな。

8kgアップも釣れたりしてドキドキするよね。

 

で、テッチャンはサスペンドのミノーに変えて・・・どりゃ~!っとキャスティング。

池の真ん中向こうに底が盛り上がってる場所があるんだけど、そのまた向こう側。

アタリはそこに集中している。(と鈍感な私はビンビンに感じている)

 

バラマンディがヒット

ドーン!とヒット。

 

バラマンディを持つテッチャン

ここからはいいペースでヒットしていきます。

 

続きは次ページへ

コメント