タイの釣り堀・パイロット111 フィッシング/Pilot 111 Fishing 料金や行き方

つりつりタイランド

タイランド(タイ王国)には魅力の釣り場がたくさんあります。そんなタイランドの釣りの紹介するためにスタートしたのが『つりつりタイランド 〜タイランドで魚釣り〜』。タイランドの釣り堀、海、川などへの釣行記を中心に、今後は釣り堀や海釣りポイント紹介、またタイランドの釣具店も紹介していく予定です。編集担当/モトムラ

つりつりタイランドをフォローする
スポンサーリンク

パイロット111 フィッシング/Pilot 111 Fishing

複数の池(合計10個だけどいくつか水を抜いてる時もあり)があって、ルアーやフライで色々な魚が釣れることで人気の管理釣り場『パイロット111フィッシング』。

池の周りはきれいに整備されいてレストラン&休憩所もあるのでグループやファミリーで訪れても楽しめます。釣り人の数も増えてきてますが、池が多くて広いため余裕を持って釣ることができます。

パイロットで釣る編集部M
おすすめ度
特徴チャドーやバラマンディなど色々な魚が釣れるルアー&フライ専用の管理釣り場。大型魚は少ないものの、タイならではの魚が1ヶ所で楽しめるので多くの釣人が訪れる人気の釣り堀です。レストラン&休憩スペースもきれいで、グループで訪れても楽しめます。
釣種ルアー・フライ※フォーミュラーを使用した匂い付きのワーム(エコギア アクア、熟成アクア、ガルプ各種)は使用禁止。その他、特殊フォーミュラを添加しているワームや添加剤も禁止)
釣魚チャドー、バラマンディ、ナイフフィッシュ、ペグー、チャオプラヤキャットフィッシュなど
入漁料500バーツ/1タックル
営業時間06:00〜18:00(月〜木・土・日)
07:00〜17:00(金)
定休日なし
アクセスタクシー、チャーター車、ガイドを利用。帰りは受付でタクシーを呼べます。
住所
111 moo1 Bangna-Trad km.39 Bangsamak Bangpakong
Bang Pakong, Chachoengsao, Thailand
連絡先+66 86 316 8773
URLhttps://www.facebook.com/pilot111fishingpond/

パイロット 111フィッシングのMAP


※営業時間、休日、料金等は変更になっている場合があります。



スポンサーリンク

パイロット 111で釣れる代表的な魚

◯バラマンディ(日本のアカメの仲間)

パイロットで釣れたバラマンディ
小・中型中心ですが良型もヒットします

◯チャドー(プラーチャドー、ジャイアントスネークヘッド)

パイロットで釣れたチャドー
これが釣れる管理釣り場はタイでも少ないです

◯チャオプラヤキャットフィッシュ

パイロットで釣れたチャオプラヤキャットフィッシュ
回遊性のナマズ。メーターオーバーもヒットします

◯アジアンレッドテールキャットフィッシュ

パイロットで釣れたアジアンレッドテールキャット
ヒットするとパワフルに走り回ります

◯レッドテールキャットフィッシュ

パイロットで釣れたレッドテールキャット
数は少な目ですがアマゾンのこいつもいます

◯パクー(コロソマ)

パイロットで釣れたパクー コロソマ
草食性だけどワームなどで狙えます

◯プラーニン(ティラピア)

パイロットで釣れたティラピア
エサで撒かれたのが成長した? 良型がいます

この他に、メコンオオナマズやパーカーホなどもいるようですがルアーにはヒットしないので、現在のメインターゲットは上記の魚たちですね。

東南アジアの雷魚チャドー(ジャイアントスネークヘッド)が手軽に釣れる管理釣り場はバンコク近郊ではここぐらいでは?



スポンサーリンク

アクセス

『パイロット111 フィッシング 』(以下パイロット)はバンコクの東側、スワンナプーム国際空港よりもっと東側のココにあります。

バンコク市内から東のパタヤやシラチャ方面に伸びる「バンナ-チョンブリエクスプレスウェイ」の近くです。

旅行者が行くならタクシーやチャーターした車を利用するか、釣りガイドに頼むことになります。

バンコク方面から行くと「モーターウェイ(バンコク-チョンブリニューライン)」か「バンナ-チョンブリエクスプレスウェイ」を利用します。

モーターウェイを使って行く時のアクセスはこちら。

バンナ-チョンブリエクスプレスウェイを利用する時は注意が必要。一般道に降りたあとにUターンできる箇所まで進んでUターンが必要です。

Uターンした後にパイロット111につながる道に入る場所は、北側を走るモーターウェイへのアクセス道の高架下を通った先。※Googleストリートビューの画像です。


この角を曲がります。

パイロット111の看板もありますよ

ここを曲がれなかったらしばらく直進して、Uターン可能な場所まで走ってください。

左折後はこの道を進んで行きます


これがパイロット111の入り口です。

バンコク市内(アソーク周辺)からはタクシーで1時間程度で1,000バーツ程度。

タクシーやチャーターした車で何度も行ってますが、運転手さんによって高速道路を使わない人もいます。

帰りのタクシーは受付に頼めば呼んでもらえますが、行きの運転手さんがいい人なら、帰り予定の時間に来てもらうように頼むのもいいです。往復で1500〜2000バーツでいけると思います。

パイロットへの地図

パイロット111のパンフレットの地図部分

受付

パイロットの受付とレストラン
ちょっと前の受付。今はカフェとか拡張されてます

受付で釣りをする人数を伝えて入場料(500バーツ)を支払います。

あとは好きな池で釣りができます。どの池にどの魚種が入っているかは、入れ替えもあるので受付時に聞くといいです。よくヒットしている池は釣りをしている人が多いです。

料理もオススメ

レストランが併設されているので各種タイ料理を食べることができます。もちろんビールやソフトドリンクも用意されています。

パイロットの料理 カッオパット ガパオ パッタイ

池の周りにある休憩所にもデリバリーしてくれます。受付には写真付きのメニューも用意されてるので、タイ語がわからない人でもオーダーしやすいと思います。

パイロットパンフPDF

コメント