VIP FishingのVIP釣り堀でハタ&バラマンディを釣る 2019年5月

MOTO(モト)

2008年にタイランドとタイランドの釣りが大好きな「つりつりタイランド〜タイランドで魚釣り〜」管理者。日本在住で釣りメディア在籍。釣りなら淡水も海釣りもルアーもエサも、魚の大小に関係なく好きだけど、船酔いするので船釣りだけは避けてます(T_T)

MOTO(モト)をフォローする
スポンサーリンク

ハタ(グルーパー)を狙ってVIP Fishingへ

こんにちは。つりつりタイランドのMOTOです。

今回はGWにバンコク近郊の釣り堀『VIP Fishing』に釣行した時のことを紹介します。

ボーヌムでバラマンディの半夜釣りをして、その後にエビ釣り堀でオニテナガエビを釣った翌日の釣行です。

VIP Fishingの特徴は他のバンコク近郊の釣り堀では珍しいグルーパー=ハタが釣れること。今年1月に、ハタを狙って初釣行した時はハタはノーヒットに終わり、リベンジを誓ったのでした(T_T) 前回の釣行記事

 

この日もタクちゃんが釣り堀に連れて行ってくれました。

VIP Fishingには3つの池があって、1つが「レギュラーポンド(普通池)」、2つが「ツアーポンド(通称VIP池)」。

レギュラー池は1日200バーツ(約700円)と比較的お手頃価格。一方のVIP池は1日だと2,000バーツ(約7,000円)とまさにVIPな価格! VIPじゃない僕は、前回は迷わずレギュラー池で釣ったのです。

今回釣ったのは、なんと、、、VIP池! と言っても2,000バーツ払うVIPな男になったわけじゃないです(笑) 

VIP池は釣り開始時間によって金額が異なるのです!

右下の枠に書いてありますが、

・1日(AM8:00〜PM8:00)は2,000バーツ
・午後からは1,000バーツ
・PM3:00からは500バーツ

5月のタイは猛暑で朝から行って1日釣るのはつらいので、涼しくて釣りやすくて500バーツな午後3時から釣ることにしたのです。夕マズメで活性が上がるのも期待できますしね!

 

VIP池はツアーポンドと名付けられてますが、ツアーで行かなくても利用できます。

魚マークの右側の大きな池がレギュラー池、左側の細長い2つの池がVIP池です。

さきほどの案内表を見てみると、各池で釣れる魚が書いてあります。

レギュラー池=シーバス(バラマンディ)、レッドスナッパー、グルーパー(チャイロマルハタ)、ジャイアントグルーパー(タマカイ)、グレイスナッパー。

スナッパーということフエフキ系が入ってたんですね。

さらにVIP池は上記に加えてNurse Shark・・・サメ類も入ってたとは! 今、気づきました(^_^;) あと、釣ってる時に出現したんですがスギもいました。

各池によって入ってる魚の大きさも違ってて、レギュラー池は1〜16kg。けっこうなサイズの魚も入っているようです。

VIP池の中央の池が2〜10kg。こちらは中型中心ながら数入っていて釣果が伸びるようです。

VIP池の端の池は5kgからなんと20kg超の大型グルーパーも入っているようです! その分、難易度がかなり高いそうです(タクちゃん談)

実釣は次のページから

コメント

  1. アバター 吉川 暁男 より:

    ふとしたことで御サイトに出会いまして、いつも楽しく拝見させていただいております!
    私もタイで釣りするのが大好きです、新しい情報発信楽しみにしてます!

    • つりつりタイランド つりつりタイランド より:

      吉川さん つりつりタイランドのMOTOです。ご覧いただき、ありがとうございます(^^)
      タイでの釣りは楽しいですよね\(^o^)/ これからもタイの釣り情報を発信していきますので、よろしくお願いいたします。
      おもしろい情報などあったらお教えください(^^)