釣り堀ボーヌムでバラマンディの半夜釣り 2019年5月

MOTO(モト)

2008年にタイランドとタイランドの釣りが大好きな「つりつりタイランド〜タイランドで魚釣り〜」管理者。日本在住で釣りメディア在籍。釣りなら淡水も海釣りもルアーもエサも、魚の大小に関係なく好きだけど、船酔いするので船釣りだけは避けてます(T_T)

MOTO(モト)をフォローする

こんにちはつりつりタイランドへんしゅちょーのMOTOです。

GWにタイに行って、色々と釣りをしてきたので報告していきます(^o^) 今回は5日間の旅で釣りは4日間。釣り三昧なタイ旅でした。

 

今回の旅で最初に行ったのはバラマンディの釣り堀『ボーヌム(Boo Num)』。タイ人アングラーが多く訪れる人気の釣り堀で、入漁料は200バーツ(約700バーツ)と比較的お手頃価格です。

ボーヌムの場所は詳細はこちら↓↓

200バーツでバラマンディが釣れる釣り堀『ボーヌム(Boo Num)』料金や利用法

 

スポンサーリンク

バラマンディ釣り堀 ボーヌムに到着

ボーヌムに連れて行ってくれたのはタクちゃん。ありがとうございます(*^^*)

タクちゃんとはタイに行く前から打ち合わせをしてたわけですが、今年のタイはかなり暑いとのこと。1日中釣るのは厳しいということで、午後から行って夕まずめから半夜釣りをすることになってました。

遅い時間までタイのルアー釣り堀にいたこと無いので、バラマンディの活性の変化にも興味津々。バラマンディの仲間のアカメもシーバスも暗くなってから活性が高くなること多いですからね。

さらに4月下旬にタクちゃんがボーヌムに行ったら、夕方以降でバラマンディが連続ヒットしたってことで、、、もうワクワクしてのボーヌム訪問となりました。

 

ボーヌムに行く前に、オンヌットの釣具店『Ha Thai Fishing Shop(ハタイフィッシングショップ)』に寄ってボーヌムでよく釣れるという小型のバイブレーションや小型のスイムベイトを購入。

ここはBTSオンヌット駅から歩いて行けるので、ルアーを持ってない人にはオススメの釣具店ですね(*^^*)

 

バラマンディ釣り堀ボーヌム boonum

ボーヌム到着は15時過ぎ。この日は風がけっこう強くて、暑くはあるものの比較的過ごしやすい\(^o^)/ 

ということで釣りスタート! 私はボーヌムに来たのは3回目ですが、釣りをするのは今回が初めて。これまでの2回は10分ほど視察させてもらっただけ(^_^;) 

はじめてのボーヌムにドキドキしながら釣りスタートです!

明るい間は小型ルアーが有利

私はボーヌム初めてだけど、タクちゃんはかなりの常連さん。今はエビ仙人と呼ばれてますが(つりタイのごく一部でですがw)、本来はバラボリ仙人だったらしいです。

そんなタクちゃんがしばらくキャストして一言。。。

「ヤバイ、、、今日は渋すぎる・・・」

えっっ・・・・マジっすか(^_^;)

さらに、頼んだ食事や飲み物を持ってきてくれたボーヌムのスタッフさんも、、、

「朝、雨が降ったから今日は食いが悪い・・・」

と言ってたらようです(^_^;)

なぜ雨が降ったら活性が低くなるのかわからんですが、、、実際にかなり渋い状況・・・。私が釣れないのは下手だからわかるけど、タクちゃんも苦戦。

昼間に釣るタクちゃん

ただでさえルアーのアクションが下手くそな私は釣れる気がしないです(^_^;)

明るい間は小型ルアーにヒット

釣れる気はしないものの、せっかく来たのだからルアーを振り続けます。

タクちゃんの「水車周りでヒットしやすい」のアドバイスに従って、ミニライブベイトをキャストしてた僕に待望のバラマンディがヒット!

取り込み寸前にバレたんですが、とりあえずヒットさせられたので一安心。

この時使ったのがこの激安ライブベイト。ただ巻きでヒットしました(*^^*)

バラマンディがヒットしたライブベイト

この時に使ったのは4ピースロッドの『BENKEI《弁慶》パックロッド』(メジャークラフト)のフィネスゲーム用のBIS-644UL。

タイの釣り堀というとヘビータックルのベイトロッドと思われがちですが、フィネスな釣りをしている人が多いです。ルアーも5gとか使ってますから。

なので今回はいつものベイトモデル『BENKEI《弁慶》BIC-704H』に加えて、スピニングモデルのパックロッドも持参したわけです。

メジャークラフト 弁慶 BENKEI パックロッド4ピース
メジャークラフト 弁慶 BENKEI パックロッド

スピニングとベイトの2本をまとめてスーツケースに入れて来られるので楽でした。

 

そうそう、明るい間に、タクちゃんと試したことがあるですが、、、、それは最後に紹介します。

 

そうこうしてるうちに仕事を終えたコウちゃんがやって来ました。

そして釣り始めたと思ったらあっさりヒットさせた!

バラマンディヒット中のコウちゃん
バラマンディ持つコウちゃん
あっさりバラマンディを釣ったコウちゃん

ベイトフィネス用のリール『スコーピオンBFS』で超小型クランクベイト(だったのかな?)をキャストしてのヒット。。。。やりますな〜

 

バラマンディがルアーを丸呑み。。。でもリーダーの先端に擦れ対策のビニールパイプをセットしてたのでラインブレイクすることなくキャッチ!

やりますね〜。詳しくは、また本人に紹介してもらいましょうw

そうこうしてるうちに日が傾いてきて、、、いよいよ夕まずめから半夜釣りスタートです!

暗くなるとトップやギル型にもヒット

やがて日が傾いてきて夕暮れ時。いよいよ夕まずめタイムです。

拓ちゃん曰く、この時間になるとポッパーでもよく釣れるようになるとのこと。そして、実際にポッパーをスロー気味に動かしてバラマンディを釣り上げてました!

電機が付いた小屋
多数ある屋根の下は電気が点灯

以前はポッパーを持ってきてたけど、最近は釣れないと思って持ってこなかった私は反省・・・。半夜するならポッパーも持ってきてください。

夕方にバラマンディをキャッチしたタクちゃん。この頃から徐々に活性が上がってきてヒットが多くなってきました!

 

やがて日が沈んで暗くなると、、、ここでバラマンディの活性が大幅にアップ!

バラマンディヒットのタクちゃん

タクちゃんが暗闇の中でバラマンディを追加。

ルアーをがっぽり咥える活性の高さ!

 

そして僕にもバラマンディがヒット! 

最初は明るいときにもヒットしたスピニングタックルでの小型のライブベイトでのキャッチ! 夜間も有効でした!

暗くなってからはスロー気味のアクションが良いということなので、スローシンキングのギル型『ジョイントギル』を使ったところ、あっさりヒットしてきました。これはベイトタックルです。

この後も何匹もヒット! 何種類かルアーを使いましたが、あまり早い動きのルアーにはヒットしませんでした。

ギル型やクランクベイトなどをゆっくり引くだけでヒット。これなら下手くそな僕でもなんとかなります!

 

タクちゃんもルアーを変えながら釣果を伸ばしてました。真っ暗になってからもポッパーも有効! ただ、この日はポッパーの後ろにバラが飛び出すことが多くて(笑)

「そこじゃない! 下手くそ」ってタクちゃんの声が何度もボーヌムに響いてましたwww

タクちゃんとバラマンディ

色々なルアーで釣っていたタクちゃん。

日が落ちてすぐはヒットが連発したけど、しばらくするとアタリは散発的に。それでもポツポツはヒットして楽しかったです。

釣れる時はずっと連発したりするようですよ\(^o^)/

 

夜のボーヌム
夜のボーヌムはこんな感じ

ここの閉店時間は22時。我々は、ぎりぎりまで釣って納竿としました。

釣った魚は基本リリースですが、今回はコウちゃんとタクちゃんが1匹ずつ持ち帰るということでお買い上げしてました(^o^)

買う時は受付で検量して、値段分のバーツを支払えばOKですよ(^o^)

 

この日使ったボクのルアーはこんな感じ

ダイワの懐かしの『ピーナッツⅡ』も活躍してくれました。2匹目でフックが曲がったので、フックは要交換ですね(^_^;)

 

初めての半夜釣りで心配だったのが蚊やブヨ。この日は風があったのと、虫よけスプレーを全身に吹いてたので被害ゼロ。

ただ、油断すると服の上からでも多数刺されてひどいことになるようです(^_^;) 半夜釣りするならコンビニなどで虫除けスプレーを購入していきましょう。

背中を服越しに噛まれることも多いみたいなので、ブヨに弱い私は服の上から多めにスプレーしてもらいました。

 

この後は、タクちゃんと明るい間にやったことを紹介。次のページも見てください!

コメント