「久々の出船!バンサレーライトジギングとダウンショットエギング 編」2020年5月23日

テッチャン

タイランド単身赴任中。釣った魚は自分で料理して食べたい派。ライトゲーム全般、特にライトジギング、餌釣りではフカセ釣りが好み。コウちゃんと知り合い、日々面白い釣りを探している。「バラシのテッチャン」と呼ばれているが、実はあまりバラさないのは秘密。

テッチャンをフォローする

皆様、こんにちは。私「テッチャン」はタイランドでお魚釣りを楽しんでいる一人です。

今回は、2020年5月23日のバンサレー出船のライトジギング、ダウンショットエギングの模様をレポートします。

 

メンバーは、コウちゃん、ドツボさん、やっちゃん、マモさん、ヨッシー、テッチャンの6名。

今回は、MOKOLEY005号での出船。

 

この日を待っていた!

約2か月半ぶりのバンサレーライトジギング釣行。

 

COVID-19の影響により、非常事態宣言発令。娯楽に関するアクティビティーはほぼ全てにおいて禁止。

それに加え、パタヤのロックダウンもあり、バンサレーには近づく事すら出来ない状況に。

そんな非常事態宣言が続く中、ロックダウン解除、規制の段階的な解除が進み、ようやくお魚釣りが可能に。

それに合わせMOKOLEYさんもようやく業務再開。

 

通常なら「PATTYA OCEAN MARINA」出船なのですが、まだ非常事態宣言の影響なのか、前回と同じく、今回もバンサレー桟橋に集合。

夜間外出禁止令の影響もあり、朝4時前の外出は禁止されている為、バンコク組の到着予定時間に合わせ、朝6:30の出船となりました。

 

バンサレー桟橋に集合

おはようございやす!

みなさんお元気でしたか?

 

同日、他の釣り船も動きだしたようで、朝から活気のあるバンサレー桟橋となっておりました。

桟橋にはお会いした事のある方々が集まっており、久々の船釣りを心待ちにしていた様子。

さあ、船に乗り込んで出発しましょう!

 

私たちが乗るMOKOLEY005号は・・・

桟橋から4艇目に隠れてるアレか・・・

 

船に移動

「ずいぶん遠いわなw」

 

本日の潮はこんな感じです。

テッチャンは、朝一のいい時間にバッチリ決めちゃるよ^^

 

ただ、午後から風がちょっと強くなるとの予報。
潮の状況よりも、そっちが気になるな・・・(船酔い怖いんで)

 

モコリー005で出船

6:30、予定どおり出船。

風も無く、若干のうねりはあるものの気にならない程度。

 

コウちゃん
「風が弱いから、今のうちにパイ島あたりまで行ってしまおう」
「そこでライトジギングして、帰りにアオリイカをダウンショットエギングで狙おう」

 

一同
「賛成でーす!」

ポイントに到着した船

約50分掛けて最初のポイントに到着。

 

通常、この時期にサワラがまわってくる可能性は極めて低いだろう・・・

今回は100g〜200gの実績あるメタルジグを使いたく、前日に急遽タックルの変更。

過去に実績のある、真っ黒(イナズマグロー入り)のローカルジグも持った。
(なお、即ロストしましたが泣)

 

第1投目、ジグを落とし・・・「浅すぎっ!」と叫ぶ。25m程しかない。

ちなみに、タイ湾自体がそんなに深くなく、これからタイ湾でライトジギングを楽しみたい方は、水深40m程を想定して準備ください。

あまりの浅さに戸惑いながらも、大きいシルエットのジグで釣れまくった3年前のまさに今のシーズンを思い出し、釣れる気で満々でジャーク。

 

ただ、その後私テッチャンは、約4時間わたり、沈黙を続ける事となる。

 

この日はショットガンサビキに拘っていたコウちゃん。

コウちゃん ショットガンサビキでヒット

今日はかなり渋めのスタート。

 

カンルアン(ホソヒラアジ)が釣れ始めたなと思っていたら・・・

 

マテアジヒット

急にマテアジに当たったようで、いい感じで釣れ始める。

 

最高の笑顔である。

ただ、マブタシマアジ(あまり美味しくない子)に当たった時は・・・

顔すら上げず、即リリース。

喜怒哀楽の分かりやすい人である。

それだけじゃない。

 

ショットガンサビキは餌を付けずに、金針の胴打ち部分のフラッシング効果で魚を誘う。

コウちゃんが、先日この仕掛けを記事にしていましたので、こちらで見てくださいね。

タイランドの海釣りで使う道具たち(アジ釣り編)/コウちゃん

 

モコリー号でイトヒキアジ

ここで金針のみでイトヒキアジ、やったね!

 

他、船中渋いがポツポツとは釣れている。

 

ヤッチャンと小魚

やっちゃん、魚付いてる?メタルジグよりお魚さん小さくね?

カンルアンかな?

 

ヨッシーとカンルアン

ヨッシーにもカンルアン。

その疑似餌はメタルマルさんでしょうかね?

 

マブタシマアジ釣ったマモさん

マモさんにはマブタシマアジ。

船酔いと戦う勇ましい姿、確かに見届けましたぜ!

 

ただその時、完全に魚に見放された男達がいた。

ドツボさんとテッチャンである。

全く釣れないのである。

何故だ何故だ、何が悪いのだ・・・と2人で悩みまくっている横で・・・

 

竿を曲げるやっちゃん

今日一番で大きく竿が曲がった。

やっちゃんである。

 

小ぶりながらクイーンフィッシュ(イケカツオ)。

初クイーンフィッシュだそうで大はしゃぎ。

クイーンフィッシュを釣ったヤッチャン MOKOLEY005号

はいチーズ「パチリっ!」

 

その光景に触発されたドツボさんが・・・

ヤミハタを釣ったドツボ

ちょっといいサイズのヤミハタを釣る。

この後も、タテフエダイ、モモイトヨリ、カンルアンを一気に掛ける。

 

一瞬でボウズ脱出かよ

 

先程まで友情を温め合い、傷口を舐め合い、そして共に慰め合った。

ボウズ仲間だったドツボさんに魚が釣れた。

完全ボウズは船中でテッチャンだけになってしまった。

ひとりぼっちにだけは耐えられない寂しがりやの男である。

 

ここでふっ切れたのか、ジグを40g以下に落とす。

そして、困った時の地元企業頼り。

私、テッチャンの日本の地元ブランドのキャスティングジグ、色はチャートイエローでバーチカルに使う。
(怒らないでね)

 

テッチャンのクイーンフィッシュ

ふう、どうにか小さいクイーンフィッシュ。

4時間にも及ぶ、ボウズの恐怖から解き放たれた。

 

そして、もし私(テッチャン)が今日1日ボウズだったら・・・

ドツボさんが坊主頭になるという罰ゲームも無くなった。

(よかったな)

 

後半のイカ釣りは次ページへ

コメント