シーチャン島周辺での鯵釣り 「えっ!なにっ!!でかっ!!! 編」2019年8月4日

テッチャン

タイランド単身赴任中。釣った魚は自分で料理して食べたい派。ライトゲーム全般、特にライトジギング、餌釣りではフカセ釣りが好み。コウちゃんと知り合い、日々面白い釣りを探している。「バラシのテッチャン」と呼ばれているが、実はあまりバラさないのは秘密。

テッチャンをフォローする

皆様、こんにちは。私「テッチャン」はタイランドでお魚釣りを楽しんでいる一人です。

今回は、2019年8月4日「シーチャン島周辺での鯵釣り」の模様をレポートします。

 

メンバーは、コウちゃん、隊長、イブちゃん、ドツボさん、タケさん、テッチャンの計7名。

ワンチャイ船(大)をチャーターし、アオウドム港での乗降でお願いしてありました。

 

釣行2日前あたりから、このタイランド(と言っても私の住んでいるチョンブリ県)ではようやく雨がぱらつくようになりました。

また風も強い時があり、いよいよオフショアが好きな私たちにとって厳しい季節となってきました。

今回も運が悪い事に、前日にはワンチャイさんの奥さんより電話があり、アオウドムでのピックアップが難しいとの連絡。

 

ロイ島 シーチャン島連絡船乗り場

という事で、朝6:40にロイ島のシーチャン島行きの連絡船乗り場にて集合となり、7:00始発の連絡船で途中のカーム島にて下船し、ワンチャイ船に乗り込みます。

連絡船の中では、バンコクから出船ギリギリに到着した4人が「〇〇ちゃんが寝坊したから危なかった・・・」とかワイワイ言っております。

仲良い事は良い事だのう。

 

カーム島 看板

約40分でカーム島に到着。

この日も凄い人の数・・・お魚釣りって凄い人気なのね。

 

ワンチャイ船 カーム島

程なくして、ワンチャイ船の到着。

みなさん乗り込んで出発! 今日はワンチャイさんは別の船の操舵になりまして、お名前は知りませんが「イカ釣り名人船頭」にて出発です。

 

タイランド湾 航海

想像通りのうねりがあり、たまに吹く風で思うようにスピードを出せず。時間を掛けてのゆっくりの移動となります。

 

最初のポイントに到着する前に皆さん支度を進めます。仕掛けを作る人、ご飯を食べる人。

私は「20gのメタルジグで行こうかな・・・」とまわりを見てみると、前回の記事で紹介させてもらった「ショットガン」とサビキが準備されています。

ほ〜、さてはこの海域の鯵を全部釣っちゃう気だな。怖っ!

 

なんて考えている間に最初のポイントに到着。

私の横で釣っていたタケさんにカンルアン鈴なり。

カンルアンを釣ったタケさん

もう、全部釣っちゃうつもり?(私の写真を撮るのが遅くてポロリ、ポロリ・・・)

カンルアン まとめて釣れる

どうだ〜! 状態。(私の写真を撮るのが遅くてまたまた1匹ポロリ・・・)

とりあえず軽い夕飯のおかずはこれで賄えたよね。

ただ、カンルアンも続かない。

 

皆さんも鯵以外の魚ばかりで苦戦してる。

 

ヤミハタを持つコウちゃん

コウちゃんにヤミハタ。

 

ドツボさんが釣ったタテフエダイ

ドツボさんはタテフエダイ。

 

イブちゃんが釣ったモモイトヨリ

イブちゃんはモモイトヨリ。

 

隊長は太刀魚。

ってこれは釣ったんじゃなくて、餌のキビナゴの中に入っていたんだってw

 

でこっちが釣った、シモリフエフキ。

コメント