【エビスフィッシング船】でレムチャバン近海イカメタル 編」2022年2月5日

タイランド単身赴任中。釣った魚は自分で料理して食べたい派。ライトゲーム全般、特にライトジギング、餌釣りではフカセ釣りが好み。コウちゃんと知り合い、日々面白い釣りを探している。「バラシのテッチャン」と呼ばれているが、実はあまりバラさないのは秘密。

テッチャンをフォローする

皆様、こんにちは。私「テッチャン」はタイランドでお魚釣りを楽しんでいる一 人です。

今回は、2022年2月5日「レムチャバン沖(シーチャン島南方)でのイカメタル釣行 」の模様をレポートします。

※夜間釣行の為に写真がブレてます。ご理解下さい。

 

今回は、昨年より話題となっておりますシラチャ釣り船「エビスフィッシング(Ebisu Fishing Sriracha)」に初乗船。

17時アオウドム出船、翌2時頃に納竿、帰港というプランでお願いしてみました。

 

※本文最後のおまけにて「エビスフィッシング(Ebisu Fishing Sriracha)」の紹介をさせて頂きます。

 

久々のイカメタル釣行。

17時出船なのですが、15時半過ぎにはアオウドム到着。

だって無理だよ家でじっとしてるの。

 

という事で、一人マイクロジグぶら下げて桟橋周りでお魚釣り開始。

風が強く、酔い止めを飲んで今日の釣行大丈夫かな?なんて考えながら投げまくる。

 

結果ノーバイトでしたが、身体は十分に温まり、仕上がった感、満足感を手に入れました。以上。

 

ここで本日のメンバー全員集合。

今回のメンバーは隊長、ツボっちゃん、テッチャンの3名。

それとほぼ同時にエビスフィッシングの担当の方も来られ、乗船準備に入ります。

まずはATK検査実施。

このコロナ禍でも、隊長と私は初体験。

週一で実施中で余裕のツボっちゃんの横で、オエオエ言いながら検査。

 

結果は全員陰性、これで胸張って出船できます。

 

 

桟橋で本日の3人乗りのポンポン船を待っている間、元気ドリンク『M-150』で乾杯。

はい、良い飲みっぷりですね。爆釣間違いなしです。

(奥にいる方が、エビスフィッシングの運営の方です。お世話になりました)

 

程なく船が到着し、出船となりました。

出船直後、船頭に「イカが釣りたいんですけど・・・」と確認。

「今日はあまり釣れないかもしれない」という寂しい返事。

いやいや、絶対に釣りますよ!

 

だって、エビスフィッシングのFBページにはいいサイズのツツイカがたくさん釣れている投稿あったからね。

 

本日の潮はこんな感じ。

予定では18時位から翌2時でイカ釣りとなります。

 

出船から40分程でポイントに到着。

 

まだ明るいので、私は15gメタルジグで探ってみることに。

桟橋でもここでも全くの反応なし、いいぞいいぞ。

 

その間、船頭は集魚灯の準備、薄暗くなると同時にライト点灯。

私たちもイカ釣りの準備に入りました。 

 

よくよく周りを見てみると、集魚灯をつけたイカ漁船がかなりの数入っています。

シーチャン島エリアでツツイカ(ケンサキイカ)をメインに狙うのは初めて。

今回ツツイカ釣りに準備してきたものは、タイで定番のローカルスッテ。

それに加え、日本の鉛スッテ、ドロッパーには浮きスッテ、1.8-2.2号餌木、マルイカスッテ等。

仕掛けは自作イカメタル、オモリグとなります。

 

メタルジグ落として水深23m程、潮があまり速く無かったのは確認済み。

鉛スッテ12号(45g)赤緑、浮きスッテ赤白2.5号で開始。

 

はい、やる気満々です。

 

まずはタナを探すために着底させ、誘いながら上げてきます。

底から15m程誘ったところで竿先にわずかな変化。

アタリかな?とアワセを入れるとヒット。

 

船中一杯目はテッチャンが頂きました。

 

うおおお!めっちゃかわいいサイズ!

ありがとうございます、ってそれにしても小っちゃいな~。

 

船頭がタナは「・・・5から6m・・・にイカがいます」、と教えてくれる。

底からなのか海面からなのか、私のタイ語力では理解できない。

 

先程のアタリを信じて、10m程落として丁寧に探っていると連続ヒット。

間違ってないのかな?

 

ツボっちゃんは底中心に探る。

 

隊長は・・・どこで釣ったんだっけ?

 

上層に小イカ、底には若干大きめのイカが居るという感じかな。

どちらも小さいということに変わりは無いんだけどね。

 

ここでフラフラと海面を漂うガザミ(ワタリガニ)発見。

隊長がカゴで掬おうとするも、船と絶妙の距離感を保つ賢い奴。

どうしても獲りたい隊長と、獲られたくないガザミとの戦いは・・・

 

船頭の柄の長いタモであっさり決着。

この後、船頭はこのガザミをサクサクと掬ってくれるという大活躍。

 

私は、鉛スッテをローカルスッテ22g(実測値)、浮きスッテをマルイカスッテに変更。

2~3年前、かなり釣れた組み合わせに。

鉛スッテが小さくないと釣れないんだわ・・・

 

隊長

これはこの日では結構いいサイズだよ。

 

ツボっちゃん

2杯同時、やったね!

 

テッチャン

ローカルスッテで。

 

ここ数年の夜のツツイカ釣りは全て絶不調だった私。

昼のツツイカ釣りの釣果のほうが圧倒的にサイズも良く、多く釣れた。

でも、家から30分圏内出船で釣れるのはいいね。

 

ここで、潮がかなり速くなり仕掛けが流される為、鉛スッテを15号(56g)に変更。

ただ、大きくすると全くアタリが遠のく。

という事で、浮きスッテを1.8号の赤緑餌木に変更。

 

餌木がよく泳いでくれるのか、アタリは餌木に集中。

「めっちゃ楽しい!」

 

ツボっちゃんと同時、鉛スッテに小さいコウイカが釣れたり。

 

釣れるサイズより明らかに大きいツツイカが表層に出たり。

トビウオ、ダツが集魚灯につられて泳いでいたり。

普段あまり見る事の出来ない光景は良いですね。

そんな中、表層明暗部で頻繁にボイルが起こる。

 

隊長は、ジグヘッドワームをキャストしてマブタシマアジ。

 

ツボっちゃんはシラスミノーをキャストしてマブタシマアジ。

 

アオリイのつがいが表層に出てきて、隊長がゲットしたり。

テッチャンは3.5号餌木にシンカー増してコウイカ狙うも不発。

 

その後もポツポツとツツイカは釣れ、午前2時納竿。

 

あまりの眠さに、さいごの方はあまり記憶が無い・・・

 

すごい雑な釣果写真で申し訳ないのですが・・・

小ツツイカ 70杯ちょっと(船頭釣果含む)
小コウイカ 3杯
アオリイカ 1杯
タコ 1杯
マブタシマアジ 6匹程
ダツ 1匹
ガザミ これだけ

という結果でした。

 

そのままアオウドムまで爆睡。

心配していた船酔いも大丈夫で無事に帰港しました。

 

この夜は大きいサイズは出ませんでしたが、楽しい釣行になりました。

とりあえずエビスフィッシング船に乗れたので・・・

 

次回はいいサイズ頂きます。まじで。

 

隊長、ツボっちゃんは翌日イカ料理を楽しんだようです。

特にあのガザミ。

これ本来の目的の釣果じゃないんですが・・・

最高に美味しかったらしいです。

 

もちろん私もおいしくいただきました。

特にイカ大根がおいしかったです。

ただ、料理の写真を撮る習慣が無い為に写真は無しです・・・

 

エビスフィッシングさん、お世話になりました。

次回は、でかイカ釣りに来ますんでよろしくお願いしますね。

 

本日のタックル

イカメタル

ロッド:某ソリッドティップのライトゲームロッド
リール:MILLIONAIRE ICV 100R(DAIWA)
ライン:PE 0.8号+ショックリーダー16Lb

 

ライトジギング(メタルジグ、他)

ロッド:MICRO JIGGER MJS631L (STORM)
リール:LUVIAS 2508PE-DH (DAIWA)
ライン:PE 0.8号
ショックリーダー:ナイロン12Lb
ルアー : 5-15g、コウイカ狙いの餌木

 

 

※おまけ1

本日の使用スッテ等

最も当たった鉛スッテは、緑のローカルスッテ(左下)でした。

いつも思うのですが、日本の鉛スッテは釣れますが、私は数釣ることができません。

(もっと修行します・・・)

 

ドロッパーには浮きスッテ。赤緑2.5号、赤白3.0号によく当たりましたが、途中で変えた1.8号の赤緑餌木が最も当たりました。

以前までタイランド湾ではこれ!と言われたマルイカスッテですが、この日はノーヒット。

 

通常のイカメタル仕掛けの他、オモリグで小型餌木を流しても釣れています。

 

エビスフィッシング(Ebisu Fishing Siracha)について

(2022年2月現在の情報になります)

シラチャ エビスフィッシング Ebisu fishing Sriracha

「エビスフィッシング(Ebisu Fishing Sriracha)」

シラチャの釣り船の乗合船、チャーター船手配を行っています。

(現在、コロナ禍の為に乗合船は受け付けておらず、チャーターのみです。)

 

タイランドでの釣り船を日本語で予約できるのはおそらくここだけ。タイランド湾で船釣りをしたいと考えている方にも使用しやすい釣り船です。

初めてお世話になりましたが、非常に安心して利用できます。
(予約は、タイ語、日本語、英語で可能。)

 

船は8人、4人、3人船の手配が可能。

こちらは8人船(ソーシャルディスタンス対応時)

 

釣行エリアはシーチャン島近辺。

昼、夜釣りの対応可能。

 

餌釣り、ライトジギング、イカ釣り等対応。

(餌は事前に確認お願いします。)

 

レンタルタックルはサビキ用、大物用共に200バーツとなっております。

 

釣行中の食事のオーダーは基本出来ませんので、各自準備下さい。

送迎、宿泊先、レストラン等の紹介も行っています。

釣行料金、釣行時間、餌代金等は使用する船によっても違いますので直接お問い合わせ下さい。

 

★海外からの予約は、デポジット送金、また悪天候等で出船中止になった場合の返金が困難な為、現在は受け付ける事が出来ません。

旅行でタイに来られる方、短期出張でタイに入られる方はタイ入国後の受付でしたら問題ありません。
(いずれ、海外からの予約が可能になるいいですね!)

《連絡先》

Facebook:Ebisu Fishing Sriracha
公式LINE:@ EBISU fishing
メール:goebisufishing@gmail.com
Instagram:ebisu.fishing

 

 

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

以上、テッチャンでした。cheers!

コメント