「バンサレー ボートエギング イカ釣れます・・・本当だって! 編」2020年8月15日

テッチャン

タイランド単身赴任中。釣った魚は自分で料理して食べたい派。ライトゲーム全般、特にライトジギング、餌釣りではフカセ釣りが好み。コウちゃんと知り合い、日々面白い釣りを探している。「バラシのテッチャン」と呼ばれているが、実はあまりバラさないのは秘密。

テッチャンをフォローする

皆様、こんにちは。私「テッチャン」はタイランドでお魚釣りを楽しんでいる一人です。

今回は、2020年8月15日、「バンサレー出船のボートエギングとライトジギング釣行 」の模様をレポートします。

 

毎年、何故かこの時期に釣果が上がるターゲットがある。

それは・・・アオリイカ。

 

隊長から「テッチャン、バンサレーにイカ釣りに行かない?」とのお誘いがあったのが2週間前。

去年のこの時期、隊長はアオリイカがクーラーボックスに入りきれない程釣れたとか。

すでに船はブッキング済みとの事。

ただまわりからは、この雨季真っ只中にイカ釣れるの?と言われまくり・・・

「んじゃ、証明してきましょう!」

 

6:00集合場所には時間通りメンバーが揃ったものの、引き潮でスピードボート乗り場からは乗船できず。

いつものバンサレー桟橋へ移動しての乗船となり、出船までに約一時間のロス。

今回のメンバーは、コウちゃん、 隊長、テッチャンの3名。

使用するのは、M&M Tourのスピードボートになります。

 

タイランド 潮汐

本日の潮はこんな感じ。

 

スピードボート

すっかり出船が出遅れましたが、スピボ使用の為、約40分で最初のポイントに到着。

 

釣り場で釣っている

水深50m、まずはライトジギングを楽しみましょう。

 

ここ最近いい魚に巡り合えていない私。

逆に絶好調のコウちゃんと隊長。

 

期待を込めた1フォール目もアタリどころか違和感すら感じず。

船頭はかけ上がりを上手に流していく。

それでも全くアタリの取れない私の後ろで隊長にヒット。

 

ドラグを出され、巻き巻きジージーから、「フッ・・・」

残念ながらバレてしまいましたが、これ、期待できるんじゃない?

 

その横で釣ってたコウちゃんは調子がいい。

短時間でカンモンハタ、アオスジハタを釣り上げてご機嫌。

釣れたカンモンハタ

カンモンハタ

 

釣れたアオスジ旗お

アオスジハタ

(この後、もっといいサイズ釣っていたけど写真が見当たらない)

 

そして

・・・沈黙である。テッチャン得意の沈黙である。

もう寝ちゃったんじゃないかって程の沈黙である。

まだ魚を掛けていないという事で、焦ってスピニングタックルに持ち変える。

キャストして巻き巻きから、アカキンゼブラグロー20gにドーン!

 

かなり上層で喰ってきたのはダツ。

久々のメーターダツを水面まで寄せ、船頭のランディングを待つ。

アカキンゼブラグローが金歯のように光る。

なんて考えていたら猛ダッシュされて「ブチっ!」。

 

水面に上がった時点で、もっとドラグ緩めておけば良かった。

なんて思ってたら、離れたところで最後の大ジャンプしてバイバイ。大泣

隊長も私もバラしという結果。

仕方無い。

 

「さあ・・・今回の目的であるイカ行きましょう!」

 

船は島まわりの浅場へ移動。

すでに何艘かの船が入っており、ボートエギング中。

それを見て、今回の隊長企画は間違ってはいないことを再確認。

早速ポイントに入り、眠るコウちゃん。

 

私は、シンキングミノーを投げまくるも、アタリも無くストレス解消になっただけ。

いい運動をしただけで、まだお魚さんの感触を味わっていないのが心残りである。

 

水深は5m。

海底が見えるいい感じの場所。

ということは・・・ジグヘッドにワームという大好きな方法で・・・

 

タイランド ジグヘッド ワーム タイ

ヤミハタをとりあえず3匹釣って即リリース。

やっぱりお魚釣りはいいねえ。

 

すっきりしたところでボートエギング開始。

その横で隊長がアオリイカを何杯か釣り上げている。

3号、3.5号のエギをメインに使用。

 

早々にアタリがあり1杯目。

タイランド エギング Thailand EGI

ちょっと小さいかな・・・

 

これくらいのサイズは欲しいよね。

この後も船がポイント上を通過する時は船中同時に複数ヒット。

アオリイカ ヒット 複数

隊長と私のダブルヒット。これは楽しい。

 

あら!かわいい。と言いながらリリース。

 

隊長釣りまくってましたね〜!

 

タイランド エギング アオリイカ

小さいサイズも混ざるため、リリースもありますが私は6杯のお持ち帰り。

隊長と船長はかなり釣っていた様子。

満足しましたか?

 

長時間、イカ釣っていた訳ではありませんが、この時期にちゃんとアオリイカの数釣りができる事・・・

「証明されました!」

目の前に雨のカーテン。

天候に不安があるものの、帰る前にどうしても50mラインでお魚が釣りたく、泣きのライトジギング。

 

初回で「ドーン!」ようやくの1匹。

いつも通りのタテフエダイ。

完全に好かれ過ぎている・・・

 

それではみなさまお疲れ様でした〜ほいっ「パチリっ!」

 

久々のボートエギング楽しませてもらいました。

雨季が明けてからがイカ釣りにいい季節になるかと思います。

今年中には、毎年恒例の陸っぱりのランガンエギング合宿も開催したいと思ってます。

COVID-19の影響が全く無くなった訳ではありませんが、開催できるかな?

 

スポンサーリンク

本日のタックル

ベイトタックル

ロッド:白竿
リール:MILLIONAIRE CZ-V 250J(Daiwa)
ライン:PE 1.2号  ショックリーダー20Lb
メタルジグ:40g〜60g

スピニングタックル

ロッド:SALTIGA COASTAL 63S-3(ダイワ)
リール:SALTIGA 3500H(Daiwa)
ライン:PE 2.0号  ショックリーダー30Lb
メタルジグ:90g
ルアー:35gまでのちょい投げ

スピニングタックル

ロッド:MICRO JIGGER MJS631L(Storm)
リール:LUVIAS 2508PE-DH(ダイワ)
ライン:PE 0.8号  ショックリーダー16Lb
メタルジグ:20gメイン

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

以上、テッチャンでした。cheers!

コメント