「大人の遠足 ピーコックバス釣り堀 後編」2020年7月18日〜19日

テッチャン

タイランド単身赴任中。釣った魚は自分で料理して食べたい派。ライトゲーム全般、特にライトジギング、餌釣りではフカセ釣りが好み。コウちゃんと知り合い、日々面白い釣りを探している。「バラシのテッチャン」と呼ばれているが、実はあまりバラさないのは秘密。

テッチャンをフォローする

皆様、こんにちは。私「テッチャン」はタイランドでお魚釣りを楽しんでいる一人です。

今回は、2020年7月18日のピーコックバス堀での釣りの後編をレポートします。

「大人の遠足 ピーコックバス釣り堀 前編」

 

多少の問題は覚悟の上で向かった、ピーコックバス堀「ファイ パードゥック」。

問題だらけのスタートとなりましたが、本当にピーコックバスがこの池に居るのか。

そして、釣ることはできるのか・・・

 

ピーコック釣り堀 ファイパードゥック

スポンサーリンク

2020年7月18日 の ピーコックバス釣り

「ファイ パードゥック」に到着し、まずはここで使えるタックルの選択。

私は、エリアバスフィッシングを想定して、4’7”〜5’2”のショートロッド、リールは12lbナイロン巻きをメインで考えていた為、これらは全く使う気にもなれず。

もしもの為に持ってきていた、7’のロッドにPE1.5号を巻いたリールがあったのでそちらを使用。

というかそれ以外に選択肢無し。・・・これが無かったら悲惨な釣行になっていたかもしれない。

ルアーはトップ、ジャークベイト、シャロークランクをメインに持ってきてましたが使いにくそうだな。

これまた偶然にも1個だけ持っていた、ウィードレスフック付きのトップのルアーがあった。

 

タイでピーコックを釣るテッチャン

偶然にもメンバー内での1投目は私。

キャストし、ハスの上をチョンチョンと・・・着水し、引いてきたところで「モワっ!」ときたと思ったら水面が軽く炸裂。

ただ、冷やかしのような感じでそのまま沈んでいきました。

 

「出た!出た!!出た〜!!!」

 

と、大騒ぎしましたが、その後は全く反応無し。

 

それを見ていたガイド「黄緑さん」が着いて来いと左側に沿って離れた場所へ移動。

草むらかき分け、道を作りながら歩きで移動。

COVID-19の影響なのか、本当の野池だからなのか分かりませんが、人が入った形跡は全く無し。

 

ピーコックが釣れそうな場所

着いた場所は、いかにも釣れそうな雰囲気がプンプン。

「幹事として皆を盛り上げなきゃならんのだ!」

強い決意のもと、魚が出そうなところにルアーを通しまくるも全くの無反応。

 

1時間位粘った頃の事・・・

向こう岸で歓声が上がる。マモさんか? 何やら魚を持って写真撮影をしている。

すぐに戻りたかったんですが、「黄緑さん」が一生懸命釣らせようとしてくれてる・・・頑張らないと。

 

その後、追加の1時間をきっちりこなし、バッチリ釣れずでみんなのところに逃げ帰る。

 

「マモさん釣れたの?」

ピーコックバスを釣ったマモさん

『はい!赤のワームでやってたんですが、全く喰わずで白に変えた瞬間に手前で』

おおお! おめでとうございます。

 

これが、ピーコックバスです。

本当にいたんだとびっくり。

この池で養殖って・・・誰も監視していないし、そもそもどうやって魚を回収するんだろう???

 

それ以降、皆さんワーム持っている人はワームにしたり、持っていない私達はそのままハードルアーで狙う。

 

ピーコックバスを狙う油売りさん

油売りさん

 

釣るやっちゃん

やっちゃん

 

コウちゃん

 

マモさん

 

フライするケンちゃん

ケンちゃんはフライやったり・・・

 

トップを投げるケンちゃん

トップで遊んだり・・・

 

ガイドさん達の「釣らせよう!」という気が凄い。

根がかり回収まで「チャンさん」自ら・・・ありがとうございます!

 

ただ、その後は何も起こらずに時間切れ。

皆さん、本日はお疲れ様でした。

と言っている横で、「チャンさん」が明日の釣りはどうする?

本当にここで良いのか?と信じられないことを聞いてくる。

(なんか申し訳ないという感じが伝わってくる・・・)

 

なんだなんだ、四角い管理されたピーコック堀があるのかい?

一瞬喜んだところで、それは私の勘違いと分かる。

 

「ここと似た池がある、魚の種類はそこに行って聞いてみよう」

という事で、帰り道にその池に寄る事に。

 

牛さんに先導され・・・

 

茂みの中に入ると・・・(チャンさん、まだビールを頑なに保持)

 

そして着いた池は、これまた草に覆われ、釣りにくそうな池でした。

ただ水がある・・・魅力的だ。

「チャンさん」がタイヤチューブフローターで魚を取っている人に話を聞いている。

どうやら魚の種類もプラーチョン位しかいないようで・・・

 

皆さんの意見は同じ。

「明日も今日と同じ池で釣ります!ピーコックバスを釣ります!」

チャンさんの不思議そうな顔。

うん、そうだね。頑張っちゃいましょう!

 

だってピーコックバス釣りに来たんだもん!

 

次ページに続きます。

コメント