「大人の遠足 ピーコックバス釣り堀 前編」2020年7月18日〜19日

テッチャン

タイランド単身赴任中。釣った魚は自分で料理して食べたい派。ライトゲーム全般、特にライトジギング、餌釣りではフカセ釣りが好み。コウちゃんと知り合い、日々面白い釣りを探している。「バラシのテッチャン」と呼ばれているが、実はあまりバラさないのは秘密。

テッチャンをフォローする

皆様、こんにちは。私「テッチャン」はタイランドでお魚釣りを楽しんでいる一人です。

今回は、2020年7月18日のピーコックバス堀での釣りの前編をレポートします。

 

タイ国内では、いわゆる外来種である「ピーコックバス」を入れている釣り堀がタイランド国内にもいくつかあります。

ただ、ある事は分かっていたんですが、調べただけで全く実行に移す事なく時は過ぎ行き・・・。

 

2020年2月、BJFのケンさんが、PILOT 111 FISHING POND(パイロット)でピーコックを釣り上げたのをきっかけに、自分も釣りたいと。

そう!テッチャンも釣りたくなってきたんだ!

 

パイロット111のピーコックバス

(これが、パイロットで釣れるピーコックバス?)

 

そうなったら話は早いよね。
即調査に入り、3月の時点で1ヶ所見つけるも、COVID-19の話でうやむやに。

また、その釣り堀もその後閉まってしまい、どうすることも出来ず・・・。

 

そして5月末、マモさんから「テッチャン、ピーコック釣った事あります?」「釣りたい」との話があり、テッチャンの孔雀魂に再び火が。

タイ国内にもピーコックバスが入っている釣り堀はいくつかあるが、どうせ行くならピーコックバスがメインの釣り堀でしょう!

 

まずは、知り合いのタイ人に確認。

「チョンブリのピーコック堀はすでに閉まった」「ラヨーンのピーコック堀は洪水で魚が逃げた・・・」

そうかそうか、いつもありがとうね。

 

そして、やっちゃんからも有力情報。
「〇〇〇⚪︎〇に一軒あるらしいですよ!」

ええぞええぞ!引き続き詳細を調べましょう。
と、どうやらここも閉めたらしい。

 

私自身も調べる。もう家に帰ったらずーっとiPadと睨めっこ。

プーケット? チェンマイ? 遠すぎじゃんね。

 

と、そこで1人の養殖業者を見つける。

名前はK’B、彼に連絡すると確かにピーコックバスの養殖をしており、その養殖池で釣り堀もやっているとの事。

バンコク近辺の養殖池は引っ越した為無くなってしまったが、ペッブリー(ペッチャブリー)でやってるよ、との事。

まじかまじか、行く行く! と送られて来た写真がこれ。

 

ピーコックバス ペッブリー

おおおおお!

これだよ、こんな感じでいいんだよ!

 

ピーコックバスを持つ

お兄さん、かっこいいじゃん!

 

お姉さんは、ポッパーでダブルですか!

これはテンション上がるわな!

 

確認したところ

最大サイズは30センチ程度。(ちょっと寂しい)

レギュレーションは特に無し。

1日500THB、営業時間は特に決まっていない。

ボート使用の場合は、追加料金で通常500THB、スペシャル1000THB。

売店等は一切無いので、食料、飲料水は事前準備のこと。
そして、完全予約制。

 

よーし!計画するぞ!・・・と、ここからが長かった。

連絡しても返信無し、送った質問になかなか答えてくれない。

 

あまりに準備出来ない状態が続いた為、予定していた釣行日を一度延期する事に。

このままでは、参加希望者に迷惑をかけてしまう。

もうこうなったら予約をしてしまおう!と無理矢理予約を入れ、これで釣行確定となりました。

わからない事だらけで不安だらけだったんだけどね。

 

今回の釣行スケジュール

ピーコックバス堀ツアー

随分のんびりじゃないかって・?って人はタイトルをもう一回確認。

「大人の遠足」だからね。

 

メンバーは、コウちゃん、油売りさん、ケンちゃん、やっちゃん、マモさん、テッチャンの合計6名。

今回の人選は、何が起こっても絶対に文句を言わない優しい人達のみ。

 

出発前日までK’Bと打ち合わせ。

だって何が起こるかわからないからと思っていたら、早速ボートは出せませんとの連絡。

うーん、怖い。

 

当日は、バンコクチームとシラチャチームに分かれ、別々の車で移動。

シラチャチームはマモさんとテッチャンの2名。

 

朝7時にシラチャを出発し、途中休憩を挟んで4時間30分でペッブリーの宿に到着予定。

偶然、途中のガソリンスタンドでバンコク組が近くにいる事が分かり合流。

 

先にバンコク組が出発した後、涼しい顔してコーヒーを持ったやっちゃん発見。

「おはようございます」「えっ?」「何?」「はにゃ??」

 

バンコク組、やっちゃんを忘れて出発。

 

今回の釣行が爆釣だった場合、「験担ぎ」として、毎回やっちゃんがどこかに忘れられていくんだろう。

釣り人の験担ぎほどめちゃくちゃなものはない。

 

ただ・・・こんな小っぽけなハプニングなんて一瞬で消し去る、まさかの大ハプニングが待ち構えているとは、この時点で誰も知る由も無かった。

 

ホテル HUESA SHAMBALA

本日の宿はこちら。【HUESA SHAMBALA】です。

見ての通りの綺麗な看板にワクワクして入る。

 

宿には11:45に到着しチェックイン。

COVID-19の影響か? 私達以外誰もいない、閑散としたロビー。

油売りさんはいつでもどこでも犬猫子供に大人気。

もちろんお魚さんにも大人気だよ。

 

手入れの行き届いた施設内、緑がとても綺麗で癒されるのう。

 

どうですかお客様。緑が多く、この快適な宿は。

部屋には、冷蔵庫、エアコンに加えて温水シャワーまで付いています。

もう、ここにいても良いよねって思える快適さ。

 

そしてみなさん集合。

この写真・・・テッチャンも入りたかったのだ。

 

荷物等準備してワクワクで「ピーコックバス堀 ファイ パードゥック」を目指す。

 

グーグルマップで教えてもらった「ファイ パードゥック」は地図上だと大きな池の傍にある。

そこへの道は地図上では1本のみ。

舗装された道路から砂利道に変わり、土に変わり、畑になり、最後は草むらとなる・・・。

 

これ以上進むの無理す・・・。

えーなんでなんでよ!

携帯の電波も無し。

 

デポジット半額送金してあるんだから、草刈りと道の手入れはしておいて欲しかった。

 

ここでドライバーが、「他にも道があるはずだと」来た道を戻り、新たな道を探すも無し。

 

どうにか携帯の電波があるところで村人発見。

村人の証言だと、最初に行った道のそれ以上進めなくなった場所の向こうにあるらしい・・・。

ただ、「池に水は無いよ、ははははは〜!」って。

 

ここでK’Bに電話すると、迎えを出すから池の看板の横で待つように言われる。

もう待ちきれない方々は、あまりの暑さにビールを飲み始める。

 

・・・もしかしてこの池じゃないのか? そんな声も聞こえるが、テッチャンはきっぱり否定する。

 

「ここはただの野池です」

「写真にあったのは四角くて管理された池」

「水深2〜5Mって聞いてます。藻だらけとも聞いてないっすよ」

と言いながら、不安で顔が青ざめる。

 

その後、更に青ざめる。

音楽をガンガン掛けながらガイドが到着。

車から降りてきたのは、見た目が仙人の通称「黄緑さん」、そして運転席からビアチャン(ビール)を片手に降りてきた通称「チャンさん」2名である。何があってもビールを手放さない・・・。

テッチャンはこの2人を信じていいのだろうか。

 

決してビールを手放さないチャンさん。もちろん運転してきた

 

その後、更に更に青ざめる。

最初に指定された場所は行けないようで、別の場所に案内するから着いてくるようにと。

 

その道も十分すぎる程の悪路。

凄まじい勢いの草に車を擦られ・・・。

 

ルーフは木に当たり、車は底を突く寸前。

ついにこれ以上行けないという所まで進み。

 

釣り堀への移動

断念して車1台に荷物を積み込んで、乗れないメンバーは徒歩で進む。

 

ピーコックバス釣り堀

そして到着したのは、時期的なものもありますが、草に覆われ、水がすっかり少なくなった野池。

 

ピーコック釣り堀 ファイパードゥック

四角くて管理された、ピーコックバス堀ファイ パードゥックは本当にここなのか?

・・・まじか、ここで合っているのか。

 

どうも、ここで合っているらしい。

 

そして衝撃的な一言。

「小さいスプーンね、それがよく釣れる」

はい?

 

このリリーパッドが群生した、見た目カバー撃ちみたいなところで小さいスプーン? 誰も持ってないよ。

しかもカバー撃ちできるような竿は無い・・・みんなUL、Lの竿を持ってきている。

なんてったって、ピーコックバス 30センチ程度を想定してきていますので。

 

本当にこれでお魚釣りできるのか?

 

みんなの冷たい視線を回避する方法はあるのか。

青ざめっぱなしのテッチャンに笑顔は戻るのか。

この野池でピーコックバスを釣る事は出来るのか。

 

ピーコックバス釣り堀 タイランド 準備

まあ、いつもこんな事が起きるのが私達の遠足。

大人の遠足だから誰も文句言わない。

 

それどころか、この野池を前にみんな準備を楽しんでいる。
さあ、お魚釣り楽しみましょう!

タイでピーコックバス キャスト

どりゃ〜!

 

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

後編に続きます。

以上、テッチャンでした。cheers!

コメント