「ゲストを迎えてのサメサン ライトジギング 楽しいお食事会付き 編」2019年8月24日

テッチャン

タイランド単身赴任中。釣った魚は自分で料理して食べたい派。ライトゲーム全般、特にライトジギング、餌釣りではフカセ釣りが好み。コウちゃんと知り合い、日々面白い釣りを探している。「バラシのテッチャン」と呼ばれているが、実はあまりバラさないのは秘密。

テッチャンをフォローする

皆様、こんにちは。私「テッチャン」はタイランドでお魚釣りを楽しんでいる一人です。

今回は、2019年8月24日のサメサン島周辺でのライトジギングをレポートします。

サンメサンの港で遊漁船

重たくどんよりとした鉛色の空、激しい風、そしてうねりの影響で桟橋に響く船のきしみ音。

今日の釣行は可能なの?

 

出船30分前に到着した私たちを出迎えてくれたDecha船頭はすでに準備万端。

心配していた天候にも問題無いようで、この時点で出船確定。

 

程なくして、本日のメンバーが全員集合。

メンバーは、しばあやさん、油売りさん、ザキオカさん、やっちゃん、梅ちゃん、テッチャンの6名、サメサンのDecha船頭の船で出船です。

ハヤブサLady 隼華-HAYAKA- の「しばあやさん」が、釣り旅行で来タイ中にサメサンまで寄り道、一緒にお魚釣りを楽しみます。

 

予定より10分早く、5:50出船。

お守り代わりの酔い止めを忘れ、やっちゃん薬局より一錠分けてもらう。(船酔い仲間の絆は強いのだw)

 

こちらが本日の潮となっております。

 

出船直後から風が強く、大物ポイント、また船頭にお願いしていたツツイカポイントに入る事も難しい状態。

今回は朝昼食付きの為、30分程沖に出た所で中乗りさんによる朝食の準備。

この船の中乗りさんが作る食事が美味しく、私はとても気に入っております。

 

朝食ができるまでの間、お魚釣りを楽しみます。

ここは水深が浅く、20-30メートル位の場所なので、40g以下のメタルジグでスタート。

ズルズルな、全く潮が噛んでくれない感じ。

「あーダメだ・・・」と思っていると。

油売りさんが釣ったタテフエダイ

油売りさんがタテフエダイ。

 

やっちゃんとキーメン

やっちゃん掴みでキーメンをどや。でかいなあw

 

ザキオカさんが釣ったスパニッシュフラッグスナッパー

ザキオカさんには、いいサイズのスパニッシュフラッグスナッパー。

CAPがかっこいいぞ!

 

私はと言うと、、頑張っても頑張っても魚信は一切無し。なので、出来た朝食を一番に頂く。

気分転換は大切と考えております。

 

船のカオトムムー

お待ちかねの朝食は、朝の定番のカオトム ムー(豚肉入り雑炊)、私の大好物であります。

「うまっ!」「おいしい!」「アロイチンチン!」と、声高々に発しても誰も来ない。

皆さん、朝一のチャンスをどうにか釣果に繋げようと頑張っております。

そして私はおかわりの2杯目を頂き、お魚釣りに復帰しようとしたあたりで皆さんぞろぞろそ集まってくる。

 

みんなで食べるご飯は楽しいよね、いいよね!

 

でもね、私はもう食べっちゃったし釣りに戻るんだもんね。

移動中にこっそり作り続けていた、胴打針仕掛け(いわゆるショットガン)も完成。

これでこっそり爆釣してみんなをビビらせてやるんだ。

 

ドーン!っと、その時は当たり前のように訪れた。

へへへ、本日の1匹目だし慎重に巻き巻き。

と水面にお腹から現れた子は・・・

キハッソク

まさかのキハッソク・・・しかもスレ。

決してあなたが嫌いなわけじゃない。

どちらかと言えば、大好きだが・・・

キハッソクが釣れると

本日の運勢を占う1匹目にあなたとは出会いたく無かった。

「もう戻ってこないでね」と厳しく言い聞かせ、信じられない程の優しさでリリース。

 

さあさあ、皆さん気をとり直してお魚釣りを楽しみやしょう!

・・・みんな冷たい目でこっちを見るな!w

海釣り
スポンサーリンク
スポンサーリンク
テッチャンをフォローする
つりつりタイランド 〜タイランドで魚釣り〜

コメント