ブンマー養殖池でトップのみのバラマンディ&バンコクのカオカームー店/Tommyのタイ釣行記②

Tommy

高知市の「もつ鍋とみ〜。」店主

Tommyをフォローする

こんにちは。Tommyです。

前回のAmazonBKKでのピラルクフィッシングに続いてのタイの釣り第2弾です。

その前に、バンコクでの激ウマだけど微妙な経験があったので、そちらから紹介します。

あっ、大丈夫です、安心してください。釣りの話は後から出てきます(笑)

 

スポンサーリンク

まずは絶品カオカームー(豚足煮込みご飯)

それでは、まず、前回予告いたしました、中国人8人と戦った絶品のタイ料理・カオカームー(豚足煮込みご飯)のお話を。

僕は、飲食店を経営している事もあり、海外に行く時は、食べ歩きをするのがお決まりである。

そして、今回の旅で、僕は、人生の中で3本の指に入る美味な食べ物を経験することになるんです。

それは、さっき言った「カオカームー」と言う食べ物でございます。

カオカームー自体は、タイに何度も来ているので何回も食べております。それは、どこで食べてもそこそこ美味しい食べ物なんです。

 

日本を出る前に、知り合いから、「プラトゥーナムに美味しいカオカームーがあるよ」って聞きました。

プラトゥーナムは衣類やアクセサリーなどファッション系を中心とした大きな市場『プラトゥーナム市場』や大きなファッションモール『プラティナム ファッションモール』で有名なエリア。そのプラトゥーナム市場から程近い場所にその店はあります。

ガイドの空き時間、僕は宿のあるアソークからBTS(日本では、言う電車です)でサイアム方面に三駅、チットロムと言う駅を目指します。

そこの駅をおりたら、スカイウォークでプラトゥーナム方面に歩く、歩く、ひたすら歩く。

まぁまぁの距離です。プラティナムファッションモールの向かい側、ソイ19を目指します(遠いです)。

そして、到着! お店の名前は『bamii zap2』。

なに? なに? バミー???

そう、ここは、カオカームーのお店ではなく、バミー(中華麺)のお店だったのです。

 

時刻は9時半。

あの~、ゴリゴリで満席なんですけども。まだ、9時半だよ・・・。

よ~し、ここまで来たんだから待ってやる。

そして、行列は、それほどでもなかったんですけど、待ちます。

そして、僕の順番。

ま、いつもの事ですが、めっちゃ愛想のないおばちゃんが

「兄ちゃん、何人」

「1人だよ」

「OK、こっち」

なんと、ここで、衝撃が、僕の案内された席…………………、

中国人8人が座ってる席。

「相席で、いいよね」

みたいな、事をおばちゃんが言ってます。

ダメとも言えず、仕方なく着席。

すげぇ、中国語がまったく分からん僕には、異国すぎます。

 

そして、中国人がオーダー。僕でも分かる。1人で3品ぐらい注文してる。

そして、僕は、オーダーしたけど・・・忘れられるって事になりました。

この時点で、帰ってやろうかと思いましたが、ここで帰ったら男がすたる。もう一度、強めにオーダー! 若干、愛想のいいおばちゃんが、ごめんごめんって持ってきてくれた。

それが、こちら。

カオカームー プラトゥーナム bamii zap2

うん、旨そうだ。相変わらず中国人が回りでゴニャゴニャ言ってます。その距離わずか40センチ。

ま、気にせずに食べるべ。

ん、んんんんん、んんんんんんんんんん‼ (衝撃が走った)

「なんじゃ、こりゃ~」、びっくりするぐらい旨いっ! この、旨さは、ちょっとビビる。

なんで、中国人の団体と相席なんだ! なんで、店員の態度が悪いんだ! 勿体ない。

あっと、いう間に完食。

ほんとは、もう一杯頼みたかった。でも、もうこの中国人との戦いは早く終わりたい。よし、店を出よう。

「チェックビンね」

「120バーツ」(日本円で400円ぐらい)

カオカームーが100バーツで水が20バーツ。

かなり高いです‼

味はむちゃくちゃ美味しい。それ以外は、微妙なお店『Bamii Zap2』。是非、あなたも経験してみては? 僕? 僕はもう行かないかな(笑)

 

さて、次ページからいよいよ釣り編がスタートです。

コメント