初めての友人を連れてAmazon BKKでピラルクフィッシング/Tommyのタイ釣行記①

Tommy

高知市の「もつ鍋とみ〜。」店主

Tommyをフォローする

こんにちは Tommyです。

雨季のバンコクは、日本とさほど変わらない気候ですごしやすい。そして、また、今年もこの国を訪れてしまった

今回の旅の目的は、バンコクのお約束釣り堀と言っても過言ではない3ヶ所に釣り仲間と行くこと。

その仲間とは、初めてバンコクを訪れた友人のこうちゃん、度々一緒に来ているマサ、これまた毎年旅に一緒に行くオカバ、そして、この旅でおそらく最後になるであろう、若者レント(結婚おめでとう、あ~ぁ)。

補足しておくが、結婚とは、素晴らしいものである。

 

さてさて、1日目の7月12日。この日は、こうちゃんとマサを連れて、彼らにとって初めてのアマゾンレイク「AmazonBKK」にあの魚を狙いに行ってみた。

ちなみに、私は、何度も行って釣っている。

今回は、ほとんどガイドに徹する予定なので、竿は持ちません。

 

バンコクから二時間ほど車を走らせると、のどかな田園風景のなかにその池は現れる。

そう、レイク=湖ではない。日本の野池の方が大きいのでは、ないかって池が2つ並んでる

初めて見たときは、感動したんだけどな~。

たぶん、二人も今、あの時の感動をしてるんだろうな~、なんて思いながら、釣り開始。

 

この釣り堀にはレギュレーションがあります。

ルアー(フライ)のみで、PE4号以上、リーダー60ポンド以上。

どんだけヘビータックルなんやって思いますが、ヒットする魚を考えたら納得。

 

まず、朝イチ、僕の今までの経験上、ここで何らかの魚を釣らないとずっと釣れない。

ちなみにマサは、かなりの釣りの達人だ。僕のやっていた釣りテレビにもちょいちょい出て、いい仕事をしてくれた。

前日までは、

「まぁ、釣れるろ」

こてこての土佐弁でこう言っていた。

ただ、今日の彼は、少し違うのだ。

そう、前日にバンコクに来たテンションからタイのお酒、その名も「メコン」って言う焼酎をたらふく飲み、2軒目の飲み屋にいたっては「記憶がない」と朝からのたまわっている。

何のために、バンコクまで来たのか、完全に忘れていたみたいだ。

そんな、気持ちにさせてしまう国、そう、タイランドよ今夜もありがとう。

 

話がずれそうになったので修正。

そう、朝イチの大切さは、僕がよく知っている。

なので、二人には、「朝の一時間は集中してやってね」と、釘を刺しておいた。

釘を刺して釘を刺して釘を………バラシヤガッタ

 

あ~ぁ、もう、なに、二日酔いで釣りしてんのよ。僕のヤジすら、二日酔いの頭に響くようである。

そして、予想通り、チーンっと時間が過ぎていく。

そんな中、僕がバンコクに来るとき、釣りの準備や車の手配をしてくれるタイ人の友人・スメットが、

「どうして釣れないの? マサさん、ちょっと貸して」

と。なんか、怪しい行動にでてるな。

なにやってんだ???

どうも、ルアーの針を変えたみたいだ。(スメットスペシャルらしいのでシークレットにしてくれるとの事です、そんなに、難しいもんじゃありませんが)

 

その後もスメットとマサがやりとり中。あ、ちなみに、スメットは、日本語がペラペラなのでガイドに最適です。

僕までご連絡もらえれば紹介しますよ~。

スメット『マサさん、ちょっと待ってね』
マサ『………』

ここからの行動は、、、、スメットがAmazonBKKの管理人と馴染みゆえなのか? プチエサ撒きタイムがスタート。

 

すると、こうちゃん、1投目に釣れた! ガーパイク。

 

マサ、1投目に釣れた! ピラルク。

ガイドのスメットとマサ。

 

それから、小一時間、入れ食いに。

 

個人で来た人よりは優遇されてる気もするけど、僕はランチの焼飯が美味しかったので、それでOKとしときます。

 

しかし、僕がここに初めて来たのは、7年前ぐらいかな~。率直な意見としては、どんどん悪くなっていってるね。

まぁ、狭い池にこれだけ大きな魚をいれてるストレスもあるだろうし。

でも、タイで手軽にピラルクを釣りたい人には、やっぱりおすすめの釣り堀だと思います。

 

さて、次回は、「プラトゥーナムにて中国人8人と戦いながら食べた絶品カオカームーのお店」です。お楽しみに(嘘ですバラマンディの話です)

コメント