「バンサレーライトジギング 送別ジギングパーティー 編」2019年3月10日

テッチャン

タイランド単身赴任中。釣った魚は自分で料理して食べたい派。ライトゲーム全般、特にライトジギング、餌釣りではフカセ釣りが好み。コウちゃんと知り合い、日々面白い釣りを探している。「バラシのテッチャン」と呼ばれているが、実はあまりバラさないのは秘密。

テッチャンをフォローする
スポンサーリンク

Prologue

これは一大事である。

 

勝手にライバルと決めつけ、闘争心むき出しで挑んだり。

こっそり後ろから、釣り方を「チラッ」と盗み見してやったり。

あまりに釣るんで、リールのハンドル外して隠してやろうかと思ったり。

そんな憎い男。

 

海外赴任者にはいつか訪れるこの現実。

 

いつもお魚釣りに行く仲間。

一緒に船に乗ると、なぜか船が故障し漂流。お互い「あんたがいるとこうなる」と言い合った仲間。

そして、タイランドでの同い年の仲間。

でも、いつかこの日は訪れる。

 

アンドールさんの日本帰任が決定。

 

1月23日、アンドールさん本人からこの話を聞いた時すべては始まった。

最後の釣行日を2月19日に設定。この1日しかチャンスは無い。

準備できる期間は1カ月を切っている。

船のブッキングは無事完了。釣れろよ!

この日の為のTシャツ作製、そして参加賞のステッカーセット作製。

そしてスペシャル乾杯ドリンクの準備。

全ての準備が整ったのは釣行2日前、やりきった感でお魚釣り前日まで釣りの準備は一切放置。

 

そして迎えた前日の2月18日 20:50。1本の連絡で全てが終わる。

「ギアが壊れた為、明日の出船はできない。仲間にも相談したが出てくれる船はない・・・」

この瞬間、準備しておいたスペシャル乾杯ドリンクを全て一人で飲み干した。

 

2月19日(祝)に予定していた「アンドールさん、送別ジギングパーティー」は開催される事なく終わった。

この日の為のTシャツ、ステッカーは、日の目をみる事なく、皆の目に触れる事もなく、ひっそりと消し去られる事になった。

・・・かに思えた。

 

アンドルーさん送迎ジギングパーティー

皆様、こんにちは。私「テッチャン」はタイランドでお魚釣りを楽しんでいる一人です。

今回は、2019年3月10日の「バンサレーライトジギング アンドールさん送別ジギンクパーティー」をレポートします。

 

メンバーは、アンドールさん、コウちゃん、油売りさん、ケンちゃん、塚ちゃん、はっちゃん、やっちゃん、テッチャンの合計8名。

 

アンドールさんに無理を言い、奥様の許可をどうにか取り付け、中止になった釣行を3月10日に再設定。

参加メンバーの皆さんも、スケジュール調整してくれ、そのままのメンバーで実施できた事に大感謝。

ただ、船を依頼した会社自体は同じなので、何度も事前確認し、当日船を見るまではドキドキが止まらなかった。

 

バンサレー潮汐表

本日の潮はこんな感じ。

今日に限って潮なんてどうでも良い・・・楽しめればね。

 

バンサレーの夜明け

集合は、朝6:00、バンサレー桟橋。

みなさん時間通りに元気に集合、おりこうだ。

 

バンサレー出船

6:20無事出船。

今回はGAN船頭をリクエスト済み。

自分の任務が無事終わった瞬間に、ようやく重圧から解放され、テッチャンに笑顔が戻りましたw

 

だがしかし。

ウネリと風の波

風とうねりの神様「海っちゅうもんはそんなに甘くは無いのだよ、大自然をなめんなよテッチャン」

強風とうねりがおはようございます。

戻った笑顔がスーっと無くなり、顔色はどんどん青白く。

そして先週に続いての船酔い。

 

船上で乾杯

ただ、今日はそんな状況でも乾杯したい気分である。

「アンドールさん今までありがとーね!かんぱーい!!」

 

道中の乾杯

道中は乾杯を楽しみ、早速お魚釣り開始。

 

企画者として言う。

「これがいつものバンサレー」とか「安定のバンサレー」なんて言わせない。

釣れないなら、私テッチャンが全員分釣ってやる。

船酔いでフラフラになりながら、幽霊のようにシャクる。シャクり続ける。

ジグが幽霊のように泳ぐ。

こんなんじゃ釣れる訳がないわな。

 

そんな中、決めたのはこの男。

早速、塚ちゃんにドーン!

塚ちゃんのヨロイアジ

ヨロイアジ。

あれあれ、偶然釣れちゃいましたー!みたいな顔しちゃって・・・憎いねえ。

船中一匹目の美味しいお魚に群がるカメラマンわらわらw

 

ほらほらみなさん、お魚さん居ますよ〜!

 

そして、本日の主役のアンドールさんにもドーン!

アンドールさん竿曲げ

テッチャン「写真撮るから、もっと竿曲げて!」
アンドールさん「無理!w」

 

魚をランディング

無事ランディング、私まで最高の気分。

 

イトヒキアジ持つアンドール

こちらはイトヒキアジ。

私はあなたが釣ってくれた事が何よりも嬉しい。

 

あれ? なんかこれって幸先良くない?

・・・それが良くないんだな。これからまさかの小物のみの、長い沈黙が続く。

コメント