バンコクのエビ釣り堀『ボートックン・ブンティム&スワンアハーンByヤーンクン』

MOTO(モト)

2008年にタイランドとタイランドの釣りが大好きな「つりつりタイランド〜タイランドで魚釣り〜」管理者。日本在住で釣りメディア在籍。釣りなら淡水も海釣りもルアーもエサも、魚の大小に関係なく好きだけど、船酔いするので船釣りだけは避けてます(T_T)

MOTO(モト)をフォローする
スポンサーリンク

1時間100バーツで大きなエビを釣り放題!

バンコクのミンブリーにあるエビ釣り堀『ボートックン・ブンティム&スワンアハーンByヤーンクン(บ่อตกกุ้งบุญเติม & สวนอาหาร by ย่างกุ้ง)。

日本語訳だと「エビの釣り堀 ブンティム お庭のレストランヤーンクン」でいいのかな? 名前の通り、レストランが併設されているエビの釣り堀です。

 

この釣り堀は1時間100バーツで大きなテナガエビ(オニテナガエビ)がなんと釣り放題! 何匹釣っても追加料金がかからないので、釣れば釣るほどお得!

釣った分だけ買い上げするシステムの釣り堀だと、釣りすぎると追加料金が気になるけど、釣り放題システムはそんな心配無しです!

訪問した時は、マイロッド&オリジナル仕掛けを持って来ている本格的なエビ釣り師もいれば、友達たちと手ぶらでやってきて楽しんでいるビギナーも。みんな楽しそうに釣ってました。

ボートックン・ブンティム&スワンアハーンByヤーンクン

おすすめ度
特徴 1時間100バーツでオニテナガエビが釣り放題。レストランも併設。
釣種 エサ釣り
釣魚 オニテナガエビ
入漁料 100バーツ/1時間
営業時間 12:00〜00:00
定休日 火曜日
アクセス マイカー、タクシー、チャーター車を利用。
住所 ถัดจากรามคำแหง 189 มา 1 ซอย Ramkhamhaeng Rd, Khwaeng Min Buri, Khet Min Buri, Krung Thep Maha Nakhon 10510 (GoogleMap)
連絡先 +66 96 712 4488
Facebook https://www.facebook.com/pilot111fishingpond/

釣れるエビはこちらの巨大なテナガエビ=オニテナガエビです。この爪で挟まれるとけっこう痛いです。

エビ釣り堀の場所

エビ釣り堀の紹介

左右それぞれに14人ほどが座って釣れます。水の色が濃いので中のエビは見えませんでした。

釣り堀の中からは2列でエアレーションされていて、これによって水流ができてます。これは他のエビ釣り堀も同じような作りです。

釣り人の前にはカゴが設置されて、釣れたエビはここに入れておけます。

大きなエビが入ってました

時々、生簀のエビを釣り堀に放す放流タイムがあるようです。放流した後はアタリが増えてました。

エビを放流中。釣り人のやる気がUP

放流されるエビたち

エビの仕掛けとエサの一例

竿は1.5mほどの細いエビ釣り専用のロッドを使用。ウキ釣りで、釣具店に行くと専用のウキや針を何種類も売ってました。

よく釣ってる人に見せてもらった仕掛けがこちら。

エビ釣り堀 仕掛け 針

スクエアな形状の針に、オモリとして銅線を巻いていました。コウちゃんによると、鉛よりも軽い銅線が良いのだとか。

そして使っていたエサ。

エビ釣り堀 エサ

赤いのは鳥のレバー(ハツ?)。これに集魚(エビ)効果のある添加剤(右上の黒っぽい液体)を付けたものがよく釣れるんだとか。

白いエサは聞くのを忘れていました(すみません)。

 

教えてくれたのはこの方。他の人よりもよく釣ってました。

ウキにアタリがあると、こうやって竿を上げてエビの動きに合わせて仕掛けを送り込んでいました。その洗練された動き、、、エビ釣りの名手だと思われます。

いきなり拙いタイ語で声をかけた私に丁寧に教えてくれた優しい名手でした。ありがとうございました。

手軽に楽しめるタイのエビ釣り堀

訪れていた時、名手の向かいには女性グループ。あまり釣り慣れてない感じでしたが楽しそうに釣ってると1人にヒット!

けっこう強い引きをみせるエビを、竿をめいっぱい上に上げて寄せてきます。周りも含めて大騒ぎ。

最後は隣の女性がラインを持って抜き上げてオニテナガエビを見事にキャッチ!

こちらの女性も、写真撮影とWEBへのアップを快くOKしてくれました。ありがとうございます(^^)

 

今回は時間が無くて食事するだけで釣りはできませんでしたが、次回行った時はエビ釣りにも挑戦します!

料理は美味しかったです。コウちゃんが頼んでくれたエビの鍋(名前忘れました)には、でっかいエビがゴロゴロ。プリプリで美味しかった〜。さすがエビ釣り堀です(笑)

 

 

コメント