タイの釣り堀・ハタの釣り堀エーク ナイ マー/料金や行き方

魅力的な釣り場がたくさんあるタイランド(タイ王国)の釣りの紹介する『つりつりタイランド 〜タイランドで魚釣り〜』。タイランドの釣り堀、海、川などへの釣行記を中心に、今後は釣り堀や海釣りポイント紹介、またタイランドの釣具店も紹介。編集担当/MOTO

つりつりタイランドをフォローする

ハタなどが釣れて持ち帰りOKな釣り堀

チャチュンサオ県に2021年8月にオープンした釣り堀【ハタの釣り堀 エーク ナイ マー】。看板に書かれているのが【บ่อตกปลาเก๋า by เอกนายหมา(ボー トッ(ク) プラー ガオ by エーク ナイ マー)】

บ่อตก(ボートッ(ク))=釣り堀
ปลาเก๋า(プラーガオ)=ハタ(グルーパー)

 

ここは名前の通り、ハタ類=グルーパーが釣れる釣り堀です。他にはバラマンディやスナッパー類(フエフキの仲間)が釣れます。

海から入ってきた(と思われる)キスも狙えます。

 

料金(500バーツ/1人1竿)には、1kgまでのハタの持ち帰り料金が含まれています。1kgを超えた分は、重さに応じて追加料金を支払えばOKです。

もちろんオールリリースも可能ですが、料金が割引にはなりません。

 

ルアーだけでなくエサ釣りも可です。

 

ハタの釣り堀 エーク ナイ マー 料金・営業時間・行き方

特徴 ハタ(グルーパー)やバラマンディが釣れる釣り堀。1kgまでのハタ、2kgまでのバラマンディは入場料だけで持ち帰り可。重量を超えた場合は、追加料金(魚種によって異なる)で持ち帰りできます。
ルアーだけでなくエサ釣りも可能。
釣種 ルアー・エサ釣り
釣魚 ハタ(チャイロマルハタ・タマカイハイブリッド)、バラマンディ、ゴマフエダイ(レッドスナッパー=マングローブジャック)、キスほか
入漁料

○500バーツ/1人(1日)

※釣りをする人のみ必要。竿1本でも2人が釣りをする場合は2人分を支払う形になります。ただ、小さな子どもの場合は訪ねてください。
※竿は何本持ち込んでもOKですが、同時に使えるのは1本のみ。
※1kgまでのハタ、2kgまでのバラマンディの持ち帰り可能。1kgを超えた分は別途支払い。リリースも可能

営業時間 8:00〜20:00 ※変更になることもあります
定休日 なし
アクセス タクシーやチャーター車、ガイドを利用
住所 Unnamed Road Song Khlong, Bang Pakong District, Chachoengsao 24130
連絡先 +66 89 664 6565
URL Facebook
備考 現在は入場数の制限があるため 電話やFacebookのメッセージなどでの事前予約が必要です。タイ語もしくは英語での予約可能。

 

ハタの釣り堀 エーク ナイ マー の場所

 

入り口です(ストリートビューには表示されていないかも)

 

池には杭の上に通路が作られていて、コテージや養殖用の網(枠)もあります。

 

ハタ釣り堀エーク ナイ マーの釣り方

ハタはコテージの柱や通路の土台部分に居着いていることが多く、そこを狙い撃つのが定番テクニック。スキッピングで小屋の下にルアーを送り込めるとヒット率が上がるとも。

 

スイムベイトやエビ形ソフトルアーなどを使う人が多いようです。

ただ、ミノーなどハードルアーにヒットする日もあったりもするので、異なる種類のルアーをいくつか持参すると良いと思います。

 

ハタの他にバラマンディやマングローブジャックもヒットします。

こちらは1kgの単価がハタ(300バーツ/1kg)よりも高い350バーツ/1kgなので、持ち帰る場合は(1kg以内の場合)は差額の50バーツが必要です。

 

海の近くの釣り堀なので、ここではキスなど小魚も釣れます。これらは持ち帰り自由ですが、数はあまり多くなさそうです。

 

持って帰る魚は最後に検量して、無料分を超える場合は追加料金を払います。

 

備考

持ち帰りたいのにハタが釣れない場合は網の中の魚を狙わせてくれます。

針を飲み込んでリリース不可な場合はスタッフさんに声を掛けてくださいとのこと。(弱った場合は持ち帰りになるとの情報もあります。エサで狙うと飲み込まれることが多いので、ルアーで狙うことをオススメします)

コメント