「バンサレー ポンポン船ライトジギング 潮が良すぎなのだが・・・編」2020年6月21日

テッチャン

タイランド単身赴任中。釣った魚は自分で料理して食べたい派。ライトゲーム全般、特にライトジギング、餌釣りではフカセ釣りが好み。コウちゃんと知り合い、日々面白い釣りを探している。「バラシのテッチャン」と呼ばれているが、実はあまりバラさないのは秘密。

テッチャンをフォローする

皆様、こんにちは。私「テッチャン」はタイランドでお魚釣りを楽しんでいる一人です。

今回は、2020年6月21日「バンサレーライトジギング」の模様をレポートします。

「テッチャンさあ、バンサレーに前泊して釣りに行きたいから日曜日釣行計画してよ」

というリクエストもあり、確認していたら恐ろしく潮が良すぎな日曜日を発見。即決定し、メンバー募集を掛けました。

バンサレー 船

前泊組は土曜日の夕方にバンサレー入りし、イタリアンレストランで美味しい料理とお酒を楽しんだようです。

バンサレーの夕日

(前日夕方にバンサレー入り)

 

そして乾杯して楽しんだようです。

こんな楽しみ方も良いですね。

(はい、私は不参加でした・・・涙)

 

メンバーは、コウちゃん、油売りさん、がっちゃん、ケンちゃん、やっちゃん、ドツボさん、梅ちゃん、テッチャンの計8名。

M&M Tourのポンポン船での出船となりました。

 

当日朝、集合時間5:50には皆さん集合。

桟橋ではちょうど魚の水揚げ真っ最中。

どれどれと船に近づくと・・・何!? 60センチ程のサイズだけどコガネシマアジの入ったカゴがいくつも・・・

これは期待できるんじゃあないの?

釣行後・・・(想像)

「んもう、テッチャン最高!」

「こんな時に企画してくれて!テッチャンいい思い出ありがとう!」

そんな声が桟橋にこだまするのが想像できるのです。

さて行くぜ〜。

本日の潮はこんな感じ。

1日を通して、もう釣れる気しかしていない。

予定通り、朝6時出船。

風も無く穏やかな海を1時間かけて最初のポイントまで移動。

まずは、自分の定番ジグで。

水深約30m、着底からワンピッチで・・・はい! 本日の船中1匹目はテッチャンでした。

バンサレー ジグ タテフエダイ

タテフエダイです。

ここ最近の定番とは言え、まさかこの日1日タテフエダイに悩まされることになるとは、この時点で思ってもいなかった。

 

油売りさんは朝一でアイゴ。

油売りさん バンサレー アイゴ

これは最高な1日になりそうだ。

(・・・ですよね?)

 

いやいや、まだ海が本気出してないよ。

このバンサレーの底力を見せてくれい!

と言いながら、すでに寝ている方が。

 

ここで、某メーカーのプロトジグのテストをするようにコウちゃんからの依頼。

メタルジグ

ほほう、これかい。

21gか・・・もう名前からしてキャスティングジグだな。

まだ潮が速くない今なら大丈夫かな?

 

まずは、ホットタイガーみたいな色の方から。

ただ、魚の気配無いからキャストせずにバーチカルで使うよ。

 

「うーん・・・」

「釣れん・・・」

 

と、ここでしゃくり方変更。

めちゃハイピッチの超ショートジャークで・・・ドーン!

メタルジグとタテフエダイ

と、ここからは連チャン。

 

タイで釣れたタテフエダイ

続けてタテフエダイ 追加で更に2匹。

 

アオスジハタ ジグ

アオスジハタ 2匹

 

ジグ ダブルヒット バンサレー

最後はやっちゃんとダブルヒット〜!

どですか? 釣れましたよ。

 

一時間くらいの間でタテフエダイ5匹、アオスジハタ2匹。

まあまあの結果ではないでしょうか?

 

この後、もう一色は潮が速くなり過ぎて、テスト出来ずでした。

 

ところでだ!

今日は潮が良くて、爆釣確定じゃなかったの?

みんなの視線が突き刺さるぜ・・・

 

これは釣行後に知った事なんですが・・・自分の対角で釣ってたがっちゃんが、こんなイトヒキアジ釣ってたんですね。

これをもっと早く知っていれば気が楽だった。

そう、自分には辛く長い時間が訪れる。

 

コウちゃんは・・・

タイラバ ヒット

タイラバでタテフエダイ。えっ背中に口あるの?w

 

ドツボさんは・・・

オモック タイ 釣果

オモックでタテフエダイ。あんたも好きだねぇ。

 

ケンちゃんは・・・

メタルジグ ヤミハタ タイランド

メタルジグでヤミハタ・・・

小物釣りに来たというんだったら大満足の1日。

 

ここで大きく場所移動。

コメント