「シーチャン島まわりで鯵釣り、夜は釣れたてのお魚でお食事会 編」2019年6月1日

テッチャン

タイランド単身赴任中。釣った魚は自分で料理して食べたい派。ライトゲーム全般、特にライトジギング、餌釣りではフカセ釣りが好み。コウちゃんと知り合い、日々面白い釣りを探している。「バラシのテッチャン」と呼ばれているが、実はあまりバラさないのは秘密。

テッチャンをフォローする

皆様、こんにちは。私「テッチャン」はタイランドでお魚釣りを楽しんでいる1人です。

今回は、2019年6月1日「シーチャン島まわりの鯵釣り」の模様をレポートします。

メンバーは、ケンちゃん、ザキオカさん、つくちゃん、テッチャンの計4名。

コウちゃんは日本に行ってて留守。ケンちゃんと「どこか行きたいね」って話をしていたら、ザキオカさんから一枚の写真が届いたんです。

ワンチャイ船のお客さんとかわいいサイズのGT。(写真は自粛します・・・)

そこで私、ある企画を立てました。

 

でも今回のタイトルが「シーチャン島まわりの鯵釣り・・・」になりまして・・・。

状況お察し頂ければ幸いでございます。

 

ブッキングしていたのは、ワンチャイ船(小)、残念ですが操舵はワンチャイさんではない。

ところが、前日にワンチャイさんの奥さんから連絡があり、和船が空いているから乗らない? ワンチャイも付けるよ、との事。

メンバーに確認する前に、自分の心では確定。念のためにメンバーに確認するも快くOK頂きました。

新しい船に、しかもワンチャイ船頭付き。普段から良い子でいたから、棚からぼた餅が2個も落っこってきちゃった。

しかも、潮が良さそうだ。

ドカーンっていきそうだねぇ! 

はい、3個目のぼた餅落下〜w

 

当日は朝6:40にロイ島連絡船乗り場集合、7:00始発の連絡船でカーム島に向かい、ワンチャイ船「Idea Factory号」に乗り換え。

過去に何度か見かけた事はありましたが乗るのは初めて。

そして登場したのが・・・これ!

ミヨシ(船首)には邪魔なものがほぼない為、キャスティングには十分なスペースあり。

胴の間には屋根があり、ちょっと釣り辛そうなんですが、日陰にもなりますし快適そうです。

トモ(船尾)にはトイレ、その横で1人が釣れるスペースがありますが、船頭専用お魚釣りスペースかな。
(トイレは壁、屋根ありますが、扉はなくカーテンですので、女の子が乗る場合は要注意です、念の為)

自分は釣り座は特に気にせずに空いていた船首近くに乗船、後で船の写真見直していたら、途中で変わってあげた方が良かったかも。

同乗してくれた皆様、ごめんなさい。

 

という事で7:50、カーム島船着場を出船し、シーチャン島南端通過してシーチャン島西方面に向かいます。

停泊中のタンカーに向かう途中で何箇所かのブイに立ち寄り、お魚釣りをしながらシーチャン島を時計回りに回ります。

 

出船して一同びっくり。

「これ、シーチャン島にある船でも1、2を争う俊足船ちゃいます?」

とても快適なお魚釣りになりそうです。

 

使用したジグ

「あたしゃこれでいくよ!」

タイトルにもありますが、今回は珍しくも釣れたてのお魚でお食事会が夜に予定されております。

誰かが釣ってくれるでしょ? みたいな雰囲気は全く無し。

みなさん、サビキに冷凍キビナゴで完全武装。

 

メタルジグ一本でやろうと思っていた私に、皆さんの本気モードが伝わっちゃった。

アジ針12号に1.5インチのソフトベイト付き枝針1本をそっと取り付け。

よーし、これでみんなの心は一つだ・・・よね!

 

皆さん気合入りまくりの第一投目。

の瞬間にアタリあり。

ナッカリンがヒット

船中1匹目はナッカリンでした。これは最高に幸先いいぞ!涙

 

竿すら出していないワンチャイさんが大笑い。

ナッカリン見て、竿出そうとしていたのを完全に止めた。

 

小型アジがヒット

その後も、アタリは続くが良サイズには出会えずに場所移動を繰り返す。

 

釣っている人

がんばれがんばれー!

・・・そして1隻目のタンカーもアタリなく終わる

タンカーと寝てるケンちゃん

そして力尽きる。

 

もう今日はダメかなのか・・・と不安になったその時、2隻目のタンカーまわりで、つくちゃんに良型のマテアジが。

マテアジとつくちゃん

(ちょっとその挟み方・・・焦らせちゃってすいません・・・)

 

後に続けと頑張るも・・・

ケンちゃんとコトヒキ

ケンちゃんはコトヒキだったり。

 

シーチャン島 ダルマカマス

私はダルマカマス泣

 

そして、またチミか・・・

夜のお食事会に鶏の唐揚げや、揚げ出し豆腐が並ぶ光景が頭をチラつく。

いやいや、だめだ。テーブルを釣れたてのお魚料理でいっぱいにするんじゃ!

コメント