「スラータニ県 チャオランダム湖上流の釣り Day2/コウちゃん編」2018年12月29日

コウちゃん

タイ在住。餌釣りからルアー、フライまで何でもやってみないと気が済まないバーサタイル釣り好き野郎。タイにチヌを釣りに来た大知昭さんの釣りを見たのをきっかけに、タイでのチヌ釣り(主にフカセ釣り)もスタート。

コウちゃんをフォローする

年末釣行記Day2編 Day1編はコチラ

こんにちはコウちゃんです。

宿泊場所の朝は清々しい雰囲気から始まります。
朝食を取って準備して出発!!

この日は前日の釣行からタックルセットを変更して臨みました。

入渓した川は河川B。この川は前日入った川のお隣・・・。

ダムの流れ込み付近で合流してるんです。

 

前日の河川Cは比較的岩がゴツゴツした感じでしたがこちらは開けた感じの川。日本で言うと奈良県の鮎の川を小さくした様な感じです。

水量は河川Cが少なく川幅も細いです。

合流点の中洲(右が河川B、左が河川C)

前日の帰りにバックウォーター付近を船で流しながら下って来た際、良型の魚がミノーを追って来たので
この日はバックウォーター手前で船頭さんにエンジンを切って貰い手漕ぎでゆっくり上ってもらいました。

すると・・カスープがポッパーに出てくれました。

カスープ 釣り タイ スラータニ

 
この日はガイドのMekも同行!! 船頭さんガイド2名と私とケンちゃんで総勢5名で遡行です。

ケンちゃんとMek

魚はいたる所に居ます。

その為、遡行はかなり慎重に行くのですがそれでも浅場の魚は”びっくりダッシュ”

んんんん〜〜〜〜これではデカイのは難しくなるなぁ〜〜〜と思いながらも手立てが無いのでゆっくり細かく攻めて行くしか・・・。

この日は前日と違って1日遡行!!
行きは良いよい帰りは・・・・になるので、全行程4〜5時間程度で考えて歩きます。

小型のマシールとカスープはポツポツと釣れて来ますが大型が出ない・・・。

 

そうこうしてるうちにそろそろお昼!! 

ここでガイドのMekが変な事を始めた!!

川岸の竹を切って青竹竿を自作・・・。ラインを付けてテンカラ風にしてフライを流していくと・・・

あぁ〜〜〜〜〜釣れた・・・・。

マシール 竹 タイ
竹竿でマシール!

小さいながらもマシール(*^_^*)

 
この後お昼ご飯を頂き少しの休憩の後再スタート!! 

Mekはここでお別れ前日我々が流した隣の川へ森の中を超えて行きました!!

マシール ルアー タイ

この子もマシールらしい(タイにはマシールと呼ばれる魚は4種類・・・同じ魚なのか???違う魚なのか???全くわからん???)

 

ケンちゃんが釣ったマシール・・・似てる・・・同じなのでしょうか???

 

ケンちゃんが1日目に釣ったマシール(これは明らかに違う)

 

所々こんな感じでチャラ瀬が続く・・・。

青空に木々の青さ壊れたブロワーの如く無くセミ!!熱帯のジャングルの中にいる割には過ごし易い。

 

こんな大場所デカイのが出ても良いんだけどなぁ〜〜〜なんて考えながら・・・

 

キレイな魚である。

ケンちゃんはローカルのスプーンを駆使しながら小型のマシールとカスープをそこそこ釣って上がる!!

そんなこんなで時間は16時・・・・。

ここで船頭さん兼ガイドさんに「ダムで少し釣らないか???」
と、申し出た所、OK!!

で、川を下る事に・・・

30〜40分程で船を止めたバックウォーターへ・・・

 

船に乗って下り出した所で事件が・・・・!

この件は伏せておく事としよう・・・・。

その後、ダムの中を走り回るも魚に出会う事はなく2日目終了・・・・。

 

3日目に続く・・・・。

コメント