「バンサイ チヌブッコミ釣り メタルジグも投げちゃうよ 編 」2021年4月25日

テッチャン

タイランド単身赴任中。釣った魚は自分で料理して食べたい派。ライトゲーム全般、特にライトジギング、餌釣りではフカセ釣りが好み。コウちゃんと知り合い、日々面白い釣りを探している。「バラシのテッチャン」と呼ばれているが、実はあまりバラさないのは秘密。

テッチャンをフォローする

皆様、こんにちは。私「テッチャン」はタイランドでお魚釣りを楽しんでいる一人です。

今回は、2021年4月25日のバンサイでのナンヨウチヌのブッコミ釣りをレポートします。

 

前回、4月11日に行ったバンサイ釣行

その時、久しぶり使う事が出来たブン タレー(海毛虫)を今回もオーダー出来るか事前確認。

前回よりも安い金額にて今回も入手可能という事で、今回の釣行を予約。

そのブン タレー(以下 ブン)を合計60匹用意してもらい、当日を迎えました。

 

メンバーは、コウちゃん、梅ちゃん、テッチャンの合計3名。

同乗するのは、サームルワイ船頭、中乗りさんの合計5名。

 

潮汐 タイランド

本日の潮はこんな感じ。

午前中と、ちょうど終わるか終わらない位の時間帯が良さそうな時間かな。

とりあえず、このバンサイチヌで重要な時間帯である「朝」は絶対に外さないようにしよう。

 

バンサイ 出船

朝、6:30出船。

そのまま、前回と同じ牡蠣筏のポイントへと、約30分の移動。

朝の大切な時間を無駄にしない為に、移動中に仕掛けの準備は済まします。

 

到着後、早速ブンを針に付ける・・・と言っても、やはり自分では付けられない。

前回釣行前にブンが手に入るとの連絡を受けた時、即答出来なかったのは自分で付けられない為。

今回も電話で針への餌付けは依頼済み。

 

ブンタレー 餌付け

おおお!

何度見てもなれないあなたの外観。

でもせっかく釣らせてもらってるんだから、そろそろ優しく「おはよ❤️」と言えるようにならないと。

 

(怒っております・・・)

 

船頭さんは、ブンを優しく取って、針を刺して、ちょっとだけ端を潰す。

これを素手で行うのでびっくりです。

ただし、コウちゃんが聞いてくれたのですが、手の平だから出来る事であり、柔らかい手の甲等に当たったりすると毛が刺さり、痒くなるそうです。

 

バンサイ 筏

そして第一投目。

牡蠣筏の柱と柱の間あたりに仕掛けを投入。

 

ブンを使用した場合のアワセですが、完全に後アワセでいいかと思います。

コウちゃんにここに連れてきてもらったばかりの頃(3-4年前)は、カニ餌でもこのパターンだったんです。

今ではこの方法ではなかなか掛かりませんので、積極的にアワセに行ってますが・・・

(その違いに慣れるまで時間が掛かりました)

 

投入直後、ゆっくりと大きな反応、そしてゆっくりと大きく竿先を持って行かれる。

ドーーーン! ←こんな感じ。

ここでアワセを入れてフッキング。

掛かった瞬間に確信。

「これはチヌ!」

 

バンサイで釣れたチヌ

前回に続いて、1投目でチヌ確保。

これはもう腕とかではない、間違いなくブンのおかげだと思います。

 

すかさず第2投目。

ここでも、モゾモゾした後、竿先をグーッっと持って行かれ、ドーーーン!と来てアワセ、バッチリ決まる。

・・・決まったのですが、フッ

 

ハリスのチェックをしっかりするべきだった。

おそらく1匹目の時に傷が付いていたんだろうと思います。

完全に乗った後の、ハリスの途中でのラインブレイク。

 

サブタックルを取り出し、即3投目のアタリから、またまたドーーーン。

完全に乗った後、おそらく海中に沈んでいる筏の残骸に擦られたようで、ショックリーダーの途中で切れる。

開始30分以内、わずか3投でここで起きそうな全ての現象を起こしてしまった・・・

それと同時に、ここでのチヌ反応も少なくなり、そして無くなってしまった。

 

みなさん、場を荒らしてすいません。

 

コウちゃんは、前回と同じく21尺延べ竿スタイル。

 

梅ちゃんは、テッチャンと同じくブッコミスタイルでの釣りです。

 

チヌのいそうな場所を求めて場所移動、近場の牡蠣筏を転々と移動して行きます。

まだ、朝の良い時間は続いているはずです。

前回は6匹か7匹(覚えてない・・・)釣れたので、今回もその位は行きたいよね。

 

と、場所移動してからの1投目で即ドーーーン!

ブン効果絶大である。

バンサイでチヌ持つテッチャン

おおお!

活性の高い時間なので、あえて柱より若干離して投入、掛けた後に柱に巻かれない距離を心掛けた結果。

朝のいい時間で2匹目追加

 

テッチャンやる~!

 

コウちゃんがギマ釣ったり。

(写真なし)

 

船頭さんがギギ釣ったり。

 

梅ちゃんもギギ釣ったり。

 

前回の船中チヌ14匹を超えるようにみんなで頑張るのだ!

 

・・・ただね、今日のテッチャンは冴えてるよね。

(遂に自分で言いだした)

 

もう、ドーーーン!がテッチャンに集中。

 

バンサイ チヌ 3匹目

3匹目追加。

おっ、これぞナンヨウチヌって感じ。かっこいい!

 

水中でヒラッ!ヒラッ!っと反転しながら上がって時くるのはユウダチスダレダイ。

タイランド ユウダチスダレダイ

おう、久しぶりだね。

年に数回しかお目に掛かりませんね。

 

コウちゃんはギギとマブタシマアジを数匹追加。

と、こんな感じで午前10時を迎えました。

 

この後、一旦潮が止まり、この後潮が上げてくるんだよね。

ただ、思ったようにはいかないもので、ここからちょっと大変な時間となる。

想像以上に潮が動かず、引いた潮と共に出て行った泥濁りが戻ってきて、もう見た目が釣れない海。

アタッた!と思って向こう合わせでも乗らず。

 

タイランド グチ

積極的に掛けに行けば、グチだったり。

 

写真からは全く伝わってきませんが、船上は猛暑。

しかも吹いても熱風の微風。

 

もう暑すぎて・・・

 

はあっ・・・はあっ・・・集中力が続きません・・・

何かあれば「暑い」、ちょっと喋れば「暑い」とそればかり。

 

ようやく潮も動き出しましたが、チヌのアタリもすっかりなくなっちゃったので、いつも持ってきているタックルで遊びます。

ちょいリフレッシュね。

本当は、もっと潮の良い時間にやるべきなんですが、チヌは特別。

良い時間はチヌに集中して、我が家の食卓を賑わせたいのです。

コメント