「バンサイ チヌブッコミ釣り ナマズから寄ってくる男 編」2020年11月22日

テッチャン

タイランド単身赴任中。釣った魚は自分で料理して食べたい派。ライトゲーム全般、特にライトジギング、餌釣りではフカセ釣りが好み。コウちゃんと知り合い、日々面白い釣りを探している。「バラシのテッチャン」と呼ばれているが、実はあまりバラさないのは秘密。

テッチャンをフォローする

皆様、こんにちは。私「テッチャン」はタイランドでお魚釣りを楽しんでいる一人です。

今回は、2020年11月22日のバンサイでのチヌブッコミ釣りをレポートします。

 

・・・癒されたいの。

のんびり釣り糸を垂らしてお魚釣りがしたい。

1匹でいい、タイランドで一番美味しいお魚の「ナンヨウチヌ」が食べたい。

そんな思いの釣り人が集合。

 

メンバーは、ケンちゃん、梅ちゃん、テッチャンの合計3名。

同乗するのは、サームルワイ船頭、中乗りさんの2名。

 

今回は、プラーイークッ(ト)(ナンヨウチヌ)のブッコミ釣りだけじゃなく、メタルジグでグラオ(ミナミコノシロ)も狙います。

時間があったら、プラーヘッコーン(キス)がこのエリアに入ってきているか調査もしたいなと考えています。

 

なお、プラードゥックタレー(海ナマズ)は狙っていませんので、念のため書いておきますね。

 

朝6時、いつものバンサイ桟橋に集合。

近くに前泊していた参加者2人をピックアップしてきたので、遅刻者はもちろん無し。

 

この時期、日の出が6時15分位ですのでまだ暗い。

バンサイ桟橋の朝

そんな時のこの桟橋からの景色大好きです。

なんか涙誘っちゃうよね。

 

・・・と、辺りを見回すもサームルワイ船頭の姿が見当たらない。

と思ったら、停泊中の船の横に居ました。

潮が引きすぎて・・・そこで待っていてくれたんですね。

 

サームルワイ船

「おはようございます」

船を乗船しやすい場所に移動してくれましたが完全に接地。

それでは乗り込みましょう。

 

本日の潮はこんな感じ。

 

《バンサイのチヌ釣りの基本》

・餌は活蟹

・朝一のバイトを逃すな

・筏の杭のギリギリを攻めろ

・掛けたら絶対にバラすな

 

これさえ守れれば大丈夫(だと思います)。

タイランド 船釣り 準備

朝6時、出船。

アンシラー沖に大きく移動。

この暗さでガイドにラインを通すとは・・・真似できない。

 

バンサイ沖 釣り

最初のポイントに到着。

今回は活蟹と魚の切り身を準備してくれてありました。

 

餌 蟹 タイランド

蟹過去最大級に大きいんですけどね。

脚を伸ばせば10cm超え。

私はバンサイのローカル餌の活蟹で釣るのが好きなので、迷わずそちらを選択。

 

この釣りは、朝が重要。

絶対に決めてやるという気持ちが全員から伝わってくる。

だってボク以外、みんな無言なんだもん。

 

ケンちゃん ヒット

そして早速、杭ギリギリにキャストしたケンちゃんにドーン!

ヒットした瞬間、筏から離すことには成功、竿先の暴れっぷりが船中をドキドキに包む。

慎重に上げてきたその魚体を見て、ケンちゃんが笑う。

 

「ドモ!ボクデス!」(ナマズの声)

 

船中誰一人としてナマズ(プラードゥックタレー、海ナマズ)だとは思っていなかっただけに衝撃は大きい。

私もナンヨウチヌを想像していただけに、がっくり。

プラードゥック 海ナマズ 釣ったケンちゃん

でもナマズ似合うよ、ケンちゃん。まじで。

 

そしてこの男、別名「ナマズから寄ってくる男 ケンちゃん」が・・・ドドーン!

慎重に寄せた魚の顔を見た瞬間目をそらす。

(ちゃんと現実と向き合ってね)

 

ナマズを釣ったケンちゃん タイランド

まさにナマズから寄ってくる・・・

2匹目ゲット、船頭と中乗りさんは、勝手に夕飯のおかずが手に入って大喜び。

 

それに触発されたのは梅ちゃん。

細糸で頑張ってるので、これまた慎重に・・・

 

「え〜、またナマズ来ちゃったの〜w」

 

ナマズを持つ梅ちゃん

梅ちゃんもナマズゲット。おめでとうございます。

 

・・・あれれ様子がおかしいぞ。

なぜか寂しそうな眼差しで筏の杭をひたすら狙い続けている男がいる。

今回もアタリもなく、完全に沈黙状態のテッチャンである。

ナマズでもいい!とにかくみんなに追いつきたいのだ。

 

そんな事はお構いなしで釣り続けるのがケンちゃん。

今度はギマ。

 

「場所移動を希望します!」(テッチャン)

辿り着いたのは、アンシラーから沖に向かったあたり。

ここ最近来るようになったポイント。

この筏で一体何を養殖しているんだろう。

最近そのような場所が多くなってきたように感じます。

 

狭い場所、高い場所、そして先端が似合うケンちゃん。

 

ゴンズイ タイランド湾

ゴンズイ釣れたけど、それもナマズ目のお魚さんだからね。

 

鯵をもつ梅ちゃん

梅ちゃんは・・・鯵釣ったの!

 

タイ 釣り船

みんな余裕だよね。

なんかボクだけ釣れないのは何でなの?

神様教えてください・・・とか本気で口に出そうとしていた時・・・

 

立て続けに2回ラインを切られる。

杭ギリギリを狙うと魚が掛かった瞬間に、貝がびっちり付いた杭にラインが擦れて切れてしまう。

それでもそこを狙うしかない。

 

3度目の正直って言葉は本当にあるんだね。

ナマズ プラードゥックタレー 釣った

ナマズでも嬉しい。

今回の釣行記事のタイトルは「ケンちゃんとナマズ釣り」に決定かな。

 

船頭仲間に釣りの状況とポイント確認中。

何を話しているのか詳細は不明・・・

 

そういえば、随分前にJr.がコウちゃんにお話ししてくれたんだって。

 

「ここ最近、水がおかしいから牡蠣が死んでしまう。」

「それが原因かわからないけど、チヌが釣れなくなってしまった。

 

・・・そういえば前回に比べて水がすごく綺麗になったバンサイ。

朝もケンちゃんと話していたんだ。

状況が良くなっていけばいいんだけどね。

 

船頭仲間から状況を聞いてか、到着したのは廃魞。

魞(エリ)とは定置網みたいなものと解釈しています。

この朽ち果てそうな魞に来たのは初めて。

 

船頭、中乗り、ケンちゃんが上がるも、ガマアンコウが釣れただけで撤収。

うーん、渋い。

 

そして辿り着いたのは海面に竹が出ているだけの場所。

最近よくみる光景。

 

潮も下げだし、雰囲気はバッチリ。

ここで、沈黙のあの男がまたまたやらかす。

 

このアタリはギマではない。

ナマズか・・・チヌのどちらかだ!

ドーン!

一気に杭から剥がす。

この引きは間違いないだろう。

ナマ・・・

ナンヨウチヌ プラーイークッ(ト) タイランド

やったぜやったぜ! 脱沈黙!

 

「ナンヨウチヌ〜!」

 

なんか悪いものを見るような、皆の視線が痛い。

テッチャン、やったよね。やる子だよね。

 

サイズも良いし、これで4日間は美味しいお魚さんが食べれる。

 

これで安心したのか、次なる課題のグラオを狙う。

 

ジグタックル

今日のメタルジグはローカルの7g〜12g使用、表層から底まで幅広くサーチ。

2個で約300円のこのジグはロストせず、鯵、ニベ、ギマ、そしてフグと数年に渡り楽しませてくれている、バンサイでも実績のあるもの。

今回はこれで、大きめのグラオを狙う。

 

「えーい!」

・・・ドーン!

メタルジグ キス 釣れた

えええええ!

キス釣れちゃった。

 

その後、遠くでボイルが起こったりもしましたが、約50m先には網が入っている為にジグを入れれず。

船頭はしきりに「今の魚は大きい、大きい」と言ってましたが、見るだけで我慢。

 

どうにかチヌも釣れたし、キスも入り始めている予感も感じれたし、グラオを釣るという目標以外は達成できたかな。

次回こそ、グラオを釣り上げると決意した一日となりました。

 

今日も1日のお付き合いありがと~!ほいっ 「パチリッ!」

おー!みんなこっち向いてるね!

 

この日、チヌは船中1匹のみ。

寂しい結果だけど、次回に繋げましょう。

 

でもね、そろそろ沖堤防でフカセ釣りしたいなあ・・・

 

スポンサーリンク

本日のタックル

チヌブッコミ

リール:HRF PE SPECIAL 7.3-TW(ダイワ)
ロッド:某鯵竿(ダイワ)
ライン:PE 2.0号  ショックリーダーナイロン30Lb
ハリス:フロロ5号 オモリ:中通し8号
針:伊勢尼13号
餌:活蟹

※PEラインとショックリーダー、ハリスをもうちょっと太くしてみようかな。

杭に巻かれたら太くしても意味ないんだけど。

ここ最近、太くて不利になることあるのかなって考えてます。

ライトキャスティング

リール:CERTATE LT3000-CXH(ダイワ)
ロッド:BAY LINER AKBM BL-722ML/AKBM(スミス)
ライン:PE 0.8号  ショックリーダー12Lb
メタルジグ:7g〜12g

※次回はPEラインを0.6号にしてみます。

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

以上、テッチャンでした。cheers!

コメント