バンパコン川でオニテナガエビ&淡水ニベ釣り 「テッチャン、バンパコンモンスターにリベンジを誓う! 編」2020年9月12日

テッチャン

タイランド単身赴任中。釣った魚は自分で料理して食べたい派。ライトゲーム全般、特にライトジギング、餌釣りではフカセ釣りが好み。コウちゃんと知り合い、日々面白い釣りを探している。「バラシのテッチャン」と呼ばれているが、実はあまりバラさないのは秘密。

テッチャンをフォローする

皆様、こんにちは。私「テッチャン」はタイランドでお魚釣りを楽しんでいる一人です。

今回は、2020年9月12日、「バンパコン川でのオニテナガエビと淡水ニベ釣り 」の模様をレポートします。

 

当日は準備万端で予定出発時間の5:30を待てずに出発。

2週連続でのバンパコン川釣行となりますが、こんなに週末を楽しみに待った記憶はない。

 

「今日こそやっちゃる!」

 

7時、集合場所のノォーック船頭の家に時間通り集合。

今回のメンバーは、コウちゃん、 ツボっちゃん、やっちゃん、テッチャンの4名。

左からコウちゃん、ツボっちゃん、やっちゃん

 

2人づつの2艘立てでの出船、乗船者はじゃんけんで決める事に。

コウちゃん vs テッチャンはコウちゃんの勝ち。

ツボっちゃん vs やっちゃんはツボっちゃんの勝ち。

 

勝ちチーム、負けチーム同士が乗船。

こらこら、「負け組チーム」と呼ぶではない。

 

本日の潮はこんな感じ。

朝から潮は上げ続けるという事は、河口より約10キロのこの場所は水流が逆流となります。

 

バンパコン川 エビ釣り 出船

それでは出船。いってらっしゃーい!

 

なお、コウちゃんチームはカメラを忘れたとの事で、この先の写真がありません。

そして釣果も知りませんw ご了承ください。

 

ポイントに到着

最初のポイントに到着。

とにかく今日も暑い・・・太陽頑張ってます。

このたった1本の傘があるだけで別世界。

暑いのに変わりはありませんが、身体はかなり楽になります。

 

では釣りを開始しましょう。

今回も私はオニテナガエビ用に2本、魚用に1本の合計3本の竿を出します。

 

仕掛けを作りながら、1本づつ仕掛けを投入していく。

すると・・・

オニテナガエビを釣ったテッチャン

うんうん、幸先いいぞ。

プリップリサイズのオニテナガエビのオス。

 

大満足の私を怖い顔で見つめる鬼船頭、ノォーックさん。

なんでも、針の掛かっている場所が悪いそうで、落として逃げられてしまうんじゃないかと思ってたようです。

 

バンパコン川 エビ釣り 船頭

船頭も釣ります。

 

そしてやっちゃんも・・・

バンパコン川 エビ釣り やっちゃん

やったねいいサイズ!

 

とりあえず全員釣ったんで、これで一安心。

今日は3人で30匹・・・との目標が掲げられました。

 

でも私は、オニテナガエビだけでは満足できない。

そう、バンパコンモンスター「巨大淡水ニベ」を釣り上げるという課題があるのだ。

 

魚仕掛けも完成し、エビ餌を付けてキャスト。

すぐに魚信あり。

 

タイで釣れたギギ

ギギ

 

バンパコン川 釣り ハゼ

ハゼ

 

思ったようにはいかないよね。

さあ、気を取り直して場所移動しましょう。

 

今日は、中乗りテッチャンも大活躍。

 

バンパコン川 エビ釣り 竿

潮が上げてきているため、流れも気にならずに本当に釣りやすい。

ただ、アタリが少ないんじゃないの今日は?

沈黙の時間が徐々に長くなっていく。

 

そして、この猛烈に頑張っている太陽。

暑く、眩しく、ここが南国だという事と思い知らされる。

(それでもこの時期は日本と比べたら過ごしやすい暑さなんですけどね)

 

タイランド 天然オニテナガエビを持つ

数少ないアタリを取るやっちゃん。

いいねえいいねえ。

 

バンパコン川 船でエビ釣り

アタリが少ないため、近距離での場所移動を繰り返しましたが、対岸へ移動。

ちなみにこうちゃんチームは上流にいるようで、朝から姿は全く見えず。

 

ギギを釣ったテッチャン

私はというと、またギギ。

そりゃ渋い顔にもなりますわ。

 

プラーハンキュー 淡水ニベを持つ

そして、小さいプラーハンキュー追加。

バンパコンモンスターはどこいった???

 

この時点で、テッチャン、やっちゃん共にオニテナガエビを3匹づつ、私が魚少々。

まだまだ頑張れたんですが・・・

 

上流にて凄まじい雷雨。

船頭判断で帰ろうという事に。

 

船着場に着き、あっという間の1日だったな・・・と思っていたら、ここでやれと船頭。

 

「ここで釣れるなら、わざわざ船を出す必要無いじゃん」

とか言ってると、船頭が一言「階段の所に仕掛けを入れろ、エビがいる」

なんでも、エビが見えると。しかもかなりの数。

自分には見えないけど、船頭のいう事は聞く派。

アタリはあるものの乗せられず。

私はアタリすら感じる事もできず。

 

そしてコウちゃんチームも戻ってきたので終了。

 

今日のような潮の日について、やっちゃんが船頭から聞いた話。

潮が上げている時間帯は釣果は落ちる。

川に海水が上がってくるのをオニテナガエビは嫌うため、岸側の川底に生えている草等の奥の奥に入ってしまうらしい。

また、支流がある場合はその支流の奥に入ってしまうとの事。

それが原因で、全く居なくなってしまう訳ではないのですが、絶対数は少なくなってしまうとの事。

今日みたいな日は、オニテナガエビ釣りにはあまり向いていないようです。

 

猫

船着場では、船頭の飼い猫、サームシー(三色)ちゃんがお出迎え。

よちよち、テッチャンが釣ってきたギギを・・・

あっ! キープするの忘れてリリースしてしまった、ごめーん!

 

オニテナガエビ 釣果 バンパコン川

それでも、全体で40匹近いオニテナガエビが釣れたようです。

潮が良ければもっと良かったのかな?

 

乗船時より「負け組」と呼ばれ。

天候が心配されたための早上がり。

今日でバンパコン川の連続釣行も終了。

 

ただ、このままでは終われない。

テッチャン、バンパコンモンスターにリベンジを誓ったのでありました。

 

1日のお付き合いありがと~!・・・ほいっ!「パチリ!」

M-150で乾杯。
※M-150(タイの栄養ドリンクです。タイ語ではエムロイハーシップ)

おや、マイクを持っているという事は何かイベントがあったのかい?
(コウちゃん、誕生日おめでとうございますだよ!)

スポンサーリンク

本日のタックル

プラーハンキュー釣り

リール:LUVIAS 2508PE-DH(DAIWA)
ロッド:SIDEWINDER ENTRY MODEL EMS-411ML(Deps)
ライン:PE 1.0号  ショックリーダー20Lb
ハリス:フロロ3号 
オモリ:中通し8号
針:伊勢尼11号

オニテナガエビ釣り

メインタックル

リール:ALPHAS AIR 7.2R(DAIWA)
ロッド:Teton TTC510S(Kuying)
ライン:ナイロン2号
ハリス:ナイロン0.8号 
仕掛け : シンカー5g〜10g
針:エビ針 3

サブタックル

リール:中華製スピニングリール1000番
ロッド:TROUTINO TTA-S5102L(Major Craft)
ライン:ナイロン1.5号  
ハリス:ナイロン0.8号 
仕掛け : シンカー5g〜10g
針:エビ針 3

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

以上、テッチャンでした。cheers!

 

コメント