【シーチャン島 太刀魚ジギング 調査編】 2020年3月21日

テッチャン

タイランド単身赴任中。釣った魚は自分で料理して食べたい派。ライトゲーム全般、特にライトジギング、餌釣りではフカセ釣りが好み。コウちゃんと知り合い、日々面白い釣りを探している。「バラシのテッチャン」と呼ばれているが、実はあまりバラさないのは秘密。

テッチャンをフォローする

皆様、こんにちは。私「テッチャン」はタイランドでお魚釣りを楽しんでいる一人です。

今回は、2020年3月21日のシーチャン島まわりで太刀魚ジギング、鯵釣りの模様をレポートします。

 

メンバーは、コウちゃん、隊長、S川さん、にっしゃん、ドツボさん、テッチャンの計6名。

ワンチャイ船(大)での出船となりました。

 

ロイ島 船着き場

朝6:40、シラチャ ロイ島の連絡船乗り場に無事全員集合。

ただ、いつもに比べて様子が違う・・・人が極端に少ない。

 

間違いなく、COVID-19の影響である。

椅子にも「X」テープが等間隔に貼られ、マークのある部分には座らないようにとの事。

 

カーム島 釣り人

多少の心配もありましたが、この連絡船の乗客の多くが釣り客であり、船の乗り換え場所であるカーム島に到着した時にはその心配も吹っ飛びました。

 

『今日も・・・太刀魚を釣る!』やっちゃうよ!

 

私がこのシーチャン島で太刀魚を狙う釣行に出たのが、2019年10月23日。

「居ることはわかっている!」

「でも釣れない、シーチャンエリアで釣れたことがない」

「市場に並んでいるのも小さいよね」

「えっ、今シーチャン島近辺で?釣れちゃうの?」

そんな半信半疑の中、釣行に出掛けた私達。

 

「シーチャン島 太刀魚(タチウオ)ジギング」2019年10月23日

 

あれから既に5ヶ月が経とうとしている。

毎週のようにこの太刀魚を狙いに出船しているパーティがあるようですが、全く釣れなかったなんて時もある。

今回はまだ釣れるのか?、サイズは?という点を確認するのが私の目的です。

 

本日の潮はこんな感じ。

 

船上の釣り人

(一番右の彼は、音速で魚をつかみ、針を外し、締めて収納する凄腕の中乗りさん、なんか主役の貫禄)

今回も、出船前にワンチャイさんの奥さんによる記念撮影付き。

7:50出船、シーチャン島北端の灯台島、コ・サンパンユ方面に進み、そのまま太刀魚ポイントに入ります。

 

今日は「風が強く、うねりが有ります」なんて脅されていましたが、予想外の静けさ。

早速メタルジグを落とし、底をネチネチ攻めるも反応無し。

 

もう半ばヤケクソで、ちょっと早いワンピッチでシャクってシャクってステイ・・・シャクってシャクってストップして竿先を下まで下げ、フォールを長く取ったら・・・

「ドーン!」

えっ!こんなに浅いところに居るの?

タチウオヒット

S川さん・・・寝る→釣る→寝る→釣る・・・凄まじい効率の良い釣りをされますね。起きたら必ず釣るんですから。

 

という事で、船中1匹目勝負はS川さんとテッチャンのWヒットと成りました。

おめでとうございます。ありがとうございます。

 

水深60メートル近くあるとして、ヒットした場所のラインカラーから考えると中層よりちょい上。

あーヤケクソになって良かった。これで今後の展開が一気に楽になりそうだ。

皆さんも釣れてます。

 

コウちゃんが釣った太刀魚

コウちゃん・・・いい爪楊枝のような竿だねえ! ちょっとそれは欲しいと思ってる。

 

隊長が釣った太刀魚

隊長・・・船尾に隠れてめちゃたくさん釣ってたのバレてますよ。だから船首まで事情聴取に来てもらったとこ。

 

ドツボさんが釣った太刀魚

ドツボさん・・・太刀魚ジギング歴が長いだけあってよく釣ります。こっそり盗み見して勉強させてもらってるだよ。

 

にっしゃん・・・前にガス田に一緒に行った時、パタヤ沖(ずーっと沖)でF2程の太刀魚を釣り上げ皆を驚かせた男。

 

そして、本日も恒例の、バーナー持参でのドツボさんによるお料理。

このナイフきれない・・・と、かるく文句言いながら丁寧に捌いて・・・

 

ステンレスバット無いから、プライヤーで持って炙る。

 

完成間近だよ。

 

その後も太刀魚ジギングを楽しむも・・・

やっぱり小さくなっちゃったよね。

 

その後、太刀魚は必要数量確保できましたので11:30までとし、ちょっと大きく場所移動して鯵(アジ)釣りに向かいます。

ここ最近、マテアジがなかなか釣れない状況となっていたようですが、ここ最近は上がっているとの事。

シーチャン島 鯵ポイント

シーチャン島南東の鯵ポイントに到着。

私、欲張りなんで大物狙いの必釣メタルジグを落とし、シャクるシャクる。

前半同様、もう半ばヤケクソになってシャクってシャクって、結局何も起こりませんでした。

 

ただ食べたい・・・マテアジが。

先日、陣田筏で釣ったマテアジの美味しかった事・・・忘れられない。

 

そうだ、生きるために釣ろう。食料確保だ!

そうなったら早い。6号位の小さい針のサビキを付ける。

まさかサビキをやる事になるとは思ってなかったから、オモリ代わりのメタルジグそのまま、餌無しで落とす。

 

ほい!こんにちは!

ち、ちみは・・・タテフエダイ(極小)ではないのかい?ん?

毎週毎週私を悩ませて、全くもうプンプン! と優しくリリース。

 

この行動が吉と出たのか、そのままラッシュ。

何がかって?「カンルアン(ホソヒラアジ)」だよ。

もう一投一匹は確実な位に釣れる。(写真は無し)

 

こらこら、ミスター鯵っ子って呼ぶな呼ぶな。

 

マテアジ

なかなか良いサイズで、丸々太ってるマテアジ。

 

釣れたとしても・・・

あっという間に凄腕中乗りに取られ、仕舞われてしまう。

お魚さんを触るチャンスも無いし、写真撮るチャンス無し。

 

という事で、マテアジも釣れ大満足の釣行となり、予定より早い、14時の連絡船にて帰る事となりました。

 

釣行結果ですが、太刀魚は船中40匹程。鯵はカンルアン大漁、マテアジも食べる分は充分に確保出来ました。

太刀魚ですが、今まではF4.5以上が混じるサイズ構成だったんですので、サイズがかなり落ちました。

前週は太刀魚はあまり釣れなかったようですので、運が良かったのかもしれません。

ただ、このサイズが大きく変わった事が今後に影響するのか、引き続き様子を見ていきたいです。

 

実は、今後もシーチャン島エリアで太刀魚釣りを楽しみたいという考えから、太刀魚のリリースについて調べていました。

ただ、太刀魚のリリースはなかなか難しいとの事。

必要本数以上釣らないよう心掛け、末長くシーチャン島エリアでの太刀魚釣りを楽しみたいものです。

もちろん私(達)は全て料理して頂きますので御理解下さい。

 

今日もお魚釣り御一緒頂きましてありがとうございました!ありがと〜!

ほいっ2回目の 「パチリッ!」

乗船時には笑顔だったのに、ボクが撮ると急に照れ屋さんになっちゃうのは何故かな〜。

 

実は現在(2020年3月27日現在)、世界で猛威を振るっているCOVID-19の影響で当分の間あらゆる釣行が難しい状況となりそうです。
この点について、下記「残念なおまけ」にて書かせて頂きます。

スポンサーリンク

本日のタックル

リール:RYOGA BAY JIGGING C2025-PE-SH(ダイワ)
ロッド:白竿
ライン:PE 1.2号  ショックリーダー20Lb、ワイヤーリーダー付き
メタルジグ:80gから100gのセンターバランスのセミロング

 

残念なおまけ

海に釣り行けない、釣り堀に行けない、釣具屋に行けない。

現在(2020年3月27日現在)、世界で猛威を振るっているCOVID-19の影響で当分の間、釣行が厳しい状況です。 

タイランド国内での感染拡大を受け、商業施設の閉鎖などを盛り込んだ非常事態宣言が全土に発令されています。

これは4月30日までを1つの区切りとしているようですが、延長も十分に考えられるかと思います。

 

現在、すでに商業施設(レストラン等含む)や人が集まる場所は休業に入っています。

また私が利用させて頂いております、「タックルベリーシラチャ店」も県の指導により、3月28日より休業となってしまいました。

 

今後どのようになって行くのか見当も付きませんが、タイ人スタッフに聞いた話しですと、

・県をまたぐ移動の規制(私の県からバンコク含む5つの県に行くのが難しくなったようです)

・外出可能時間の制限(現時点では未実施)

が挙げられ、県からの追加発表が突然あったり、私達外人が何かのトラブルに巻き込まれるのは非常に危険かと思います。

(これ以外にもたくさんあるのですが、省略させて頂きます。)

また上記2項目はいつ始まってもおかしくない状態との事。

 

また、私の住んでいるチョンブリ県より発令された、伝染病委員会令によりますと、今回行った「シーチャン島」への観光渡航禁止が含まれました。

これによって、シーチャン島エリアでのお魚釣りも事実上困難、今回のワンチャイ船頭も、入っている予約のキャンセル作業に入っているとの事。

現にバンコクでは釣り堀、また人の集まる娯楽施設等で、政府指導による休業が始まっております。

バンコク以外の釣り堀もそろそろ休業に入るのではないかとの予感がします。

 

タイランドでは一番の長い休暇である「ソンクラン休暇」も延期され、また日本からはGWを使っての観光、釣行旅行の計画を立てていた方も多いかと思います。

ここではお魚釣りの事しか書きませんが、タイランド国内の状況はあまり良くありません。

現在、日本からタイランドに渡航することは事実上不可能ですし、私を含めたタイランドで仕事をしている人達も、一度出国すると再入国が困難。

また、再入国後14日間は自宅等にて症状が出ない事を確認してからでないと職場復帰できない状態、仕事になりません。

 

このCOVID-19が1日でも早く終息し、今まで通りの生活が戻る事を事を祈ります。

世界が元に戻ったらみんなで乾杯しましょう。再び桟橋で元気にお会いできる日を楽しみにしています。

 

皆さんも健康管理には気を付けてお過ごし下さい。絶対だよ。

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

以上、テッチャンでした。cheers!

コメント