手長エビの釣り堀ボートックン333(บ่อตกกุ้ง333)でマルキユーさんのフィッシュワゲットを使ってみたよ

タクちゃん

一部で「エビ仙人」と呼ばれているが、実はルアー釣り堀やウキ釣りなどの人生と一緒でお手軽なことが好きなバンコク埋没組

タクちゃんをフォローする

皆さん、こんばんは。

最近、日本の釣り餌メーカーのマルキユーさんの餌がタイに輸入されているのをご存知でしょうか?

AKAN tackleさんが代理店になり輸入しております。

まずはヘラブナ用の餌が販売されていて、その餌を使ってティラピアやレンギョ釣りを楽しんでいます。そんなマルキユーさんの餌に『フィッシュワゲット』という餌があります。

フィッシュワゲットでエビ釣り

一般的には魚釣りの餌として使われているのですが、今回この『フィッシュワゲット』の「アミノ酸ホワイト」通称「白」を使って手長エビ釣りを楽しみたいと思います。

向かったのは、以前も紹介したBTSで行ける手長エビの釣り堀「ボートックン333(บ่อตกกุ้ง333)」でチャレンジです。

ボートックン333บ่อตกกุ้ง333

アクセス簡単! バンコクのBTSで行けるエビ釣り堀①『ボートックン333』(บ่อตกกุ้ง333)

 

まずはワゲットのみで1匹。

フィッシュワゲットで釣れたエビ

 

いつもはハツを使って手長エビ釣りを楽しんでいるのですが、フィッシュワゲットの餌付は針をワゲットの穴に通すだけなので、とても簡単!

フィッシュワゲットと針

 

ワゲットは少し乾燥しているので集魚剤(集エビ剤)が染み込みやすいと思い、前回も使った「AN LURE」の集魚剤に漬け込んでみる。

AN Lureの集魚剤

おぉっ!

これでも釣れた!

釣れた手長エビ

 

成果は2時間で10匹。

釣れた手長エビは、スペシャルプレゼントでお隣さんにプレゼント!

今回が手長エビ釣りが始めてとのことで楽しんでいただけたでしょうか。(ちなみに見ず知らずの人です)

 

これからも釣り方を工夫してもっと釣果を上げたいと思います。

コメント