「バンプラで季節外れのキス陸っぱり調査 編」2019年3月9日

テッチャン

タイランド単身赴任中。釣った魚は自分で料理して食べたい派。ライトゲーム全般、特にライトジギング、餌釣りではフカセ釣りが好み。コウちゃんと知り合い、日々面白い釣りを探している。「バラシのテッチャン」と呼ばれているが、実はあまりバラさないのは秘密。

テッチャンをフォローする

皆様、こんにちは。私「テッチャン」はタイランドでお魚釣りを楽しんでいる一人です。

今回は、2019年3月9日のバンプラ陸っぱりでのキス釣りをレポートします。

メンバーは、私 テッチャンのみの単独釣行。

 

実は以前から気になっていた事があるんです。

それはこんなこと。

ボートキスは年末から1月あたりまでが型も良く、数もたくさん釣れるのは事実。

でも2月以降はキス釣りには行った記憶も記録も無く、毎年2月から年末までは首を長くして待つのみ。

でも、誰も確認に行った人いないよね?

「ん? 本当か? バンプラに行ってみよう!」

バンプラの潮汐表

本日の潮はこんな感じ。

なぜこの日に行こうと思ったからって?

何もやる事なかったんで・・・

 

朝8時30分頃家を出発。

6時半に起きてもすぐに出発できないダメ男。

バンプラのお店

ただ、来る途中にハサミを忘れたことに気付き、ありそうな店に全て寄ったんですが、全滅。 

「この町でハサミ屋やれば大儲けじゃん・・・」とブツブツ言いながらバンプラのいつもの場所へ。

途中買い物して9時には本日のポイントに到着。

バンプラの陸っぱりの釣り場

暑くなく、風もあって涼しい。

って、思っていたら、えっ? そういう事じゃなくて、これって凄まじい向かい風?

先が思いやられます。

バンプラの海とシーチャン島

向こうに見えるのがシーチャン島ですね。

この風じゃ、シーチャン島で船釣りされている方は大変だろうな・・・

 

このバンプラのポイントのおさらいですが、基本底は砂泥で岩が点在しています。

特に手前20メートルほどは岩が多く点在しており、この日は朝から下げっぱなし状態。

潮が引いていくにつれ、海底の様子が見えてきた。

岩だけじゃなく、何かの人工物も沈んでいるのね。

 

前回の釣行時もあまり遠投してもキスはあまり釣れなかったため、最大30〜40メートルから20メートル地点程まで確認して一番釣れそうなポイントを探すことにします。

と言っても、まずはキスを1匹釣る事が最優先ね。

キスのタックル

本日はこんな感じのちょい投げタックル。竿立てはいつも通りのISUZU D-MAX。

餌は昨晩急遽買いに行ったエビ1匹と、うちにストックのあるマルキユー製の『パワーイソメ』(赤、茶、桜でサイズはM)。

パワーイソメはタックルベリーシラチャ店で購入できます。

バンプラのキス釣りのパワーイソメ
前回の写真です

マルキユー 『パワーイソメ』。使用したのは、Mサイズの赤イソメ。

これは手でも簡単に千切れるので安心。

 

ただエビに関しては、ちぎると言うより、ミンチにしながらむしり取る状態。

車の中、タックルボックスの中を何回も探しましたが、結局ハサミは無い状態。

 

仕掛けは簡単に「タックルベリー製 Berry投仕掛」を使用します。

天秤は15cm位、オモリは向かい風が強く8号としました。

タックルベリーのキス仕掛け
前回の写真です

『Berry投仕掛」は小型のキスが予想された為、7号からスタートします。

 

2本針でのスタートなんで、一本づつ違う餌を付けて試してみよう。

針に刺したパワーイソメ

パワーイソメを短く切って針に付けます。ちょっと小さすぎたかな・・・

もう一本はエビを・・・ハサミが無いから切れない。

ぐちゃぐちゃで見せられない・・・

 

歩いてるワンさん

今回は、釣り人が一人も居なく、貸し切り状態。

「これは釣れないって事なんじゃ無いの?」と不安になる。

ワンさん「おめ、釣れねんじゃねの」

バンプラの海と竿

ちょっとアタリがあるんだけどね。と考えていたら「キューン!」

バンプラの陸っぱりで釣れたキス

キスいるんじゃん! 

今回はエビ(ほぼミンチ)で釣れました。

 

バンプラのキス

サイズは13cmちょっとか。

続け大物! バケモノ! と期待は高まるものの。

バンプラの釣り場

沈黙が続く。

凄まじい沈黙が続く。

 

タイ人の釣り人がようやく現れ、タイ語が不自由な私に話しかけてくる。

 タイ人2人組「満潮は何時ですか?」

 テッチャン「ワカリマセーン」

 タイ人2人組「んで、釣れます?」

 テッチャン「コレガマタ、チイサイノガイッピキダケ」

 タイ人2人組「ありがとー」

と言うと、日陰に止めた車の横で竿も出さずに寝始めました。

あー、やっぱり釣れないんだな。

 

バンプラで釣れたコトヒキ

結局、その後はコトヒキが一匹は釣れましたが、全く後が続かず。

 

使ったメタルジグ

エビを手でちぎり続けているので手が汚い。

最後はストレス解消のつもりで、メタルジグ持って、近辺歩き回り。

ただ、強烈な向かい風。

ほぼ仕事にならず終了。

 

スポンサーリンク

結論

2月以降のバンプラ近辺でのキス釣りは難しい。

サイズは小さく、最盛期に比べアタリがほぼない。

魚自体が散っているような感じ。

涙・・・

 

本日のタックル

キスちょい投げ

リール:LUVIAS 2508PE-DH(ダイワ)
ロッド:Micro Jigger MJS-631L (ストーム)
ライン:PE 0.8号  ショックリーダー12Lb
オモリ:8号
仕掛け:Berry投仕掛、天秤
餌:海老、パワーイソメ

 

とにかくここ最近とても暑くなってきた。

日差しも絶好調。水分補給、日焼け対策、そして安全対策は忘れずに。

いつも長文がウザいテッチャンですが、今回は本当にこれにて終了ですw

 

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

以上、テッチャンでした。cheers!

コメント