「チャオプラヤー川を愛する日本人たちの新年会(釣り)」2019年1月13日

油売り

神奈川県箱根町で育ち、中学~大学のころは芦ノ湖のブラックバスやマスたちと戯れる。その後、伊豆七島方面でカジキのトローリングにはまり、30代後半で南国タイへ。そこで出会った淡水の雷魚やナマズ、海ではアジと戯れる現在・・・

油売りをフォローする

我家から一番近い釣り場と言ってもいいチャオプラヤー川。

そこで釣りを楽しむ日本人釣り人が集って新年会を開催。そのドタバタ劇をお伝えしよう。

新年会はお昼から川沿いのレストラン「Baan Keangnam Restaurant」にて開催。

場所はここ。

 

その前に宴会の華になるような美味しい魚を釣り、レストランへ持ち込んで料理してもらおうと目論む面々。

朝集合したのは5名。

2艘のボートに分かれていざ出発!

【チーム・ハッちゃん】は、ハッちゃん、アンドールさん、ケンちゃんの3名。

【チーム・油売り】は、私(油売り)とMR. Gの2名。

「チーム・油売り」のボートはアルミのスピードボート。

キャプテン(今回はあえてそう呼ぼう)はスーパーマン仕様。

 

朝のチャオプラヤー川を猛スピードで上流へと向かう。

チャオプラヤ川

お寺も朝日も置いてきぼりさ!

 

 

キャプテンが連れて行ってくれたのは、チャドー(雷魚)ポイント! 

えっ、チャドーは食べませんけど・・・・

実はこのキャプテンがチャドー釣り好き。

目の前に呼吸に上がって来るので、我々もスイッチが入った。

ルアーを投げまくるが、すれているらしくまるでバイトが無い。

と、少し気合を抜いたらバズベイトに飛びついて来た!

チャオプラヤ川 カスープ

チャドーではなく、カスープでしたが・・・・

食料になる大物を獲る気でデッカいネットを持って来ておりましたが、この魚には必要なかった。

左は私が持って来たデカネット、右はキャプテンの普通サイズのネット。

使用したのは・・・・

もちろんこっち! (笑)

 

そして、このカスープはリリース。

 

 

その後、ナマズ系を狙ったがまるで不発。

まずい、このままでは新年会はカイチャオ(タイ風玉子焼き)がメインディッシュになってしまう。

さっきのカスープをリリースしたことが悔やまれる。

 

レストランへの集合時間も近づいてきた。

最後は水門の桟橋で勝負だ!

小型のポッパーを投げるとカスープが追っかけてくる。

この際、カスープ料理でも良いぞ、とにかく食ってくれ!

と、キャストを繰り返していると、「チーム・ハッちゃん」のボートもやって来た

考えることは同じらしい。

彼らもレストランに持ち込めるような魚はまだ捕獲できていないと言う。

 

時たまカスープが、桟橋の下から飛び出して小魚を追いかけている。

しかし、ルアーには反応しない。

手を変え品を変えみんなでキャストしていたら、ここでハッちゃんが殊勲のカスープゲット!

フックを外す時に、あわや逃げられたかと思ったが無事確保。

これで、釣った魚で新年会の目標が達成できる。

チャオプラヤ川 カスープ ルアー

 

さあ、いよいよレストランで新年会。

タクシーで駆けつけてくれたM浦さんも加わって新年会スタート!

左手前から奥へ、ハッちゃん、M浦さん、MR.G。

一番手前が船頭のTONさん。

右手前から奥へ、ケンちゃん、アンドールさん、そして私。

 

魚は釣れたけど、カイチャオは頼みました。(笑)

その他、このレストランの美味しい料理の数々を食べ、いよいよ本日のメインディッシュでありますカスープ料理が登場。

 

どのように調理してくれたのでしょうか。

ジャ~ン!

身をミンチにして、香草や野菜を混ぜてピンポン玉大にして揚げた料理となりました~。

まあ、はっきり言いまして他の魚肉でも同じような味になるのでしょうね。

でも、おいしかったですよ!

 

 

ある程度お酒が進み、やっぱり釣り足りないメンバーは裏に有る池や川にと釣りに行く。

私はそのころ夢の中・・・・。

 

この日の詳しい様子は、「チーム・ハッちゃん」のアンドールさんがブログ『うたかた釣り日記』で、ユーチューバ―ハッちゃんは動画『バンコクつりっぱ』でアップしておりますので、そちらもご覧ください。

 

○アンドールさんのブログの『新年会』編はコチラ

○ハッちゃんの動画

あーっ、楽しかった!

コメント