「バンサイ ボートキス釣り シーズン初戦 編」2019年11月30日

テッチャン

タイランド単身赴任中。釣った魚は自分で料理して食べたい派。ライトゲーム全般、特にライトジギング、餌釣りではフカセ釣りが好み。コウちゃんと知り合い、日々面白い釣りを探している。「バラシのテッチャン」と呼ばれているが、実はあまりバラさないのは秘密。

テッチャンをフォローする

皆様、こんにちは。私「テッチャン」はタイランドでお魚釣りを楽しんでいる一人です。

今回は、2019年11月30日のバンサイでのボートキス釣りをレポートします。

 

バンサイはこの辺になります。

 

いつものサームルワイ船頭に「キス釣れてる?」と10月から聞き始め「行きたい!」「まだ早い」「行きたい!」「焦りすぎ」と断られてばかり。

例年ですと、陸っぱり調査と称してキス釣りをやっているのですが、今年は何故か忙しくなかなか行けず。

キスが食べたい・・・

今回、ようやくOKが出てのボートキス釣行決定です。

 

バンサイの朝

朝のバンサイ桟橋もいい感じ。とても好きです。

 

メンバーは、コウちゃん、ケンちゃん、隊長、ドツボさん、テッチャンの合計5名。

同乗するのは、サームルワイ船頭、Jrの2名。

通常チヌブッコミ釣りは船の片舷に並び、キャスティングする為、サームルワイ親子以外に乗れて3人が限界となります。

今回はキスのみということで両舷での釣りが可能、5人乗船となります。

 

潮はこんな感じ。

ちょうど満潮を迎えるんバンサイ桟橋の水のある光景は久しぶり。

 

なお、今日の釣り場等の選択は全て船頭の経験と勘にお任せとなります。

ここ最近すっかり朝が涼しく、この時期にタイに遊びに来る日本人の方はびっくりするかもしれません。

この日も例外ではなく、非常に涼しい朝を迎えました。

 

ただ、突風が桟橋を吹き抜ける・・・船酔いが怖い・・・

酔い止めを飲む。祈る。

 

バンサイを出船

朝6時、時間通りに全員集合。

久しぶりのボートキス出船です。

 

キス釣りの船

本日最初の釣り場までは約30分。

いつもチヌを釣る牡蠣筏、ミドリイガイ筏よりも沖に出た所といえば良いのかな?

 

今日は、船頭がマーケットで海老を買ってきてくれてあります。

丁寧にもそれを剥き、キスの餌のサイズにカットしてくれるJr。

 

私たちはそれを付けて釣るだけ・・・というちょっと申し訳ない状態にてキス釣り開始。

 

キス釣りは・・・仕掛け、アタリの取り方等、人それぞれの工夫と釣り方がありますが、ここバンサイのボートキスは、何よりもポイントが大事。

私はとにかく真下を狙う。船頭の勘を信じて・・・すると即アタリ。

テッチャンが釣ったキス

1匹目は私テッチャン。小さいですがキスが釣れました。

 

そういえば一週間前にケンちゃんがバンプラの陸っぱりチョイ投げでキスを釣っていたんですが、それと同じようなサイズ。

今日は行けるんじゃない???

 

調子を良くした私はノリノリで餌を付け、ノリノリで仕掛けを落とす。するとあっちもノリノリで即アタリ。

いい!今日はいい!

と、周りを見渡せばキスが釣れているのは自分の所だけ。そう、本当にポイントが全てと言っても過言ではないのです。

 

ある程度釣って、アタリが少なくなった頃になって移動の合図。

約10メートルの移動、船一艘分位の移動を行います。

そうすればみんな新しいポイントで釣りができるでしょ。

 

そしたら今度は船頭側でキスが釣れまくる。

私はと言うと・・・

タイランド湾のグチ

グチ

 

釣れたアジとコトヒキ

アジ(奥のドツボさんにはコトヒキ)

 

タイランドのコトヒキ

そしてこの日に一番わたし達を悩ませたのがコトヒキ、ヒメコトヒキ。そしてギギ。

この一枚の写真を見る度に、あの日あの時の苦い思い出が頭をよぎる。

 

コトヒキ、ヒメコトヒキはとにかく食いしん坊。

ボケっとしていると、針2本の餌を一瞬で食べる。

そして釣り上げるとエラ蓋を開け、口を思いっきり閉じる。

船上では針を外す度に、「いい子だから口を開けてごらん、力を抜いて・・・」という話し声が聞こえる。

 

ギギは背ビレ、左右の胸ビレにトゲがあり、また水中から出た途端に大暴れ。

このトゲに気をつけながらの針外し。

非常に危険です。

 

・・・こんな小物たちが遊んでくれますが、キスが釣りたいんじゃ!
そんな私たちの雰囲気を感じる度、船頭は船を少しづつ動かしていきます。

 

今日のメンバーの皆さんもキスは釣れていますよ。

コウちゃんとキス

雄叫びを上げるコウちゃん

 

ケンちゃんと釣ったキス

船頭親子とイチャイチャ釣っていたケンちゃん

 

キスを持つ隊長

うぁお!大きいの釣ったね隊長

 

ドツボさんとタイランドのキス

フグ退治では一番頑張ったドツボさん

 

でもね間違いない・・・今日はいい!

どうにか風が落ち着いてきた頃、船頭はパラソルを出し・・・コウちゃんは寝る。

こんな感じで2本針2匹掛けなんてこともチラホラ。

私たちは釣り続ける。

 

こんなに釣り難いポジションなのに・・・

面白いように釣れる。

 

キスのダブルヒット

いいよね!

 

ドツボさんと釣ったチヌ

ドツボさんにフグ。

ハリスがスパっと切られ始めたらこの子達の仕業だ。

 

ええ顔だw

 

釣ったヒメコトヒキ

これがヒメコトヒキね。

 

このアンタダレは、おそらくツーブロッチポニーフィッシュ?(WEB魚図鑑 参照させて頂きました)

 

タイランドのアジとギギ

アジにギギ。

 

ギギは刺されると厄介だから、リリースするのに時間が掛かる。

 

グラオ ミナミコノシロ

グラオ(ミナミコノシロ)

 

めちゃ真剣なコウちゃん。

仕掛け回収時、とあるモノが付いてきたらしい。

 

タイランドのイカ

えー! この仕掛けで狙って釣っちゃうの?スゴっ!

今まで見た中で一番可愛いコウイカかなあ?

 

こんな可愛いサイズのガマアンコウも。

 

私の視界に大きいサイズのギギがチラチラ入ってくる。やっぱりケンちゃんだw

 

タイランド湾のギマ

そして、私が大好きな・・・ギマ!

ケンちゃんも釣ってたな。

立っているギマ

だからー、ギマ立てるの禁止!

 

ユウダチスダレダイ

最後はユウダチスダレダイ。

チミが掛かると引きが違うからドキドキするんだよ・・・

 

誰が釣ったかわかりませんが、本日の最大サイズは24cmでしたが、メジャーではなくアプリ使用ですので写真がありません。

ただ、良型のキスがたくさん釣れて皆さん大満足でした。

 

本日のお持ち帰りはキスのみ。

この他にまだ2袋あるから大漁って言っていいかな。

 

さて、食材は揃った。

シラチャに行きましょう。

 

今日も1日のお付き合いありがと〜!ほいっ 「パチリッ!」

コウちゃんはグッスリ寝たから元気がいいなあ!

ほ〜! テッチャンもご機嫌だな。「お魚釣り 最高!」

 

サームルワイ船頭親子に感謝。

楽しい釣行ありがとうございました。

 

本日の仕掛けと釣ったキスの料理や食事会は次ページへ

スポンサーリンク

本日のタックル

リール:LUVIAS 2508PE-DH(ダイワ)
ロッド:BAY LINER AKBM BL-722ML/AKBM(スミス)
ライン:PE 0.8号  ショックリーダー12Lb
オモリ:6−8号
仕掛け:Berry投仕掛、天秤
餌:海老

おまけ(お食事会編)

翌日にシーチャン島釣行を控えていた私、こうちゃん、ケンちゃんの3人はシラチャにお泊まり。

今回は私も家から15分(笑)の所に宿を取り、シラチャ「Japanese Restaurant 白魚」さんへ向かいました。

 

今回のお食事会のメンバーは、一緒にお魚釣りをした、コウちゃん、ケンちゃん、テッチャンに加え、ザキオカさん、マモさん、つくちゃん、テラさんの合計7名。

残念ながら一番にお誘いした、シラチャのケンちゃんは体調不良で不参加となりました、残念。

ただ、焼酎の差し入れを頂きました。ありがとうございます。

次回は是非ご一緒致しましょう。

 

シラチャ 白魚で乾杯

それでは乾杯っす!お疲れさまでした!

 

キスの骨せんべい

まずはキスの骨せんべい。

これがとにかく美味しい。ビールぐびぐびだよね。

 

今日釣ってきたキス刺身、奥側は先日コウちゃんが釣ってきたチヌになります。

来れなくなってしまった、シラチャのケンちゃんに是非食べて頂きたかった・・・泣

 

シラチャのケンちゃん、焼酎の差し入れありがとうございました。

 

シラチャ キスの天ぷら

定番のキス天ぷら

 

キスフライ

何故か何故かの揚げ物2発目。キスフライ

 

チヌの寿司

チヌ寿司・・・これもお美味しいんですが・・・

 

キス寿司。こちらも負けず劣らずで美味しい。

 

それに、キス天巻きまで・・・

 

すごく美味しかった潮汁。臭み全く無し!

 

結局、7人掛かりでも食べきれず、翌日のシーチャン釣行にはキス弁当付きで行ってきました。

参加して頂いた皆様、ありがとうございました。

 

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

以上、テッチャンでした。cheers!

コメント