タイランド湾での船からの泳がせ釣り講座 2022年10月29日の釣り

タイ在住。餌釣りからルアー、フライまで何でもやってみないと気が済まないバーサタイル釣り好き野郎。タイにチヌを釣りに来た大知昭さんの釣りを見たのをきっかけに、タイでのチヌ釣り(主にフカセ釣り)もスタート。

コウちゃんをフォローする

タイにいつもの光景が戻って来ました。

バンコクのスワンナプーム空港、入国審査で長蛇の列 | newsclip

入国審査長蛇の列・・だって!!

あぁ〜〜〜遂に来ましたか・・・この日が!!!

入国の書類を書かなくてよくなったんだけど・・色々慣れない事が多くなってしばらくはダメかな??

ちょっと憂鬱なコウちゃんです。

10月29日、本日もシーチャン島の釣行です。

私)「なぜ、こうもまとまって同じ所へ予約するのかな??? えぇ〜〜〜、どないなってんねん!!責任者出て来い!!(( *`ω´)プンプン)」

責任者)「それはね……、タチウオが釣れ出したからなんです! でもいなくなりました……」

タチウオたちは現在第二弾集合中みたい。間も無く再開幕かな??

タチウオはいなくなったけど、船は予約してあるし……、アジ釣りですね!!

と、いう事で今回もワンチャイ船(小)での出船です。

ちなみにワンチャイ船(小)もワンチャイ船(特大)も何となく嫌な思い出しか無いコウちゃんですが……。

(※ワンチャイ船(特大)は乗った事ないですけど、皆さんからあまりいい話は聞かないし……)

でも、以前あった和船が無き今、一番小さいのはこのワンチャイ船(小)。

キャビン上のワンチャイさんの文字は、私がダンボールに書いた文字をワンチャイさんがコピーして書いたんです(笑)

初めは読めませんでしたが、どうも書き直した様です(誰かが新しく綺麗な字で教えてくれたんでしょうね???)

それと……、この所ワンチャイ軍団は新規開拓精神が減少しているように感じます!!

なので行くポイントはいつも同じ!! だから記事にしても「またそこなの!!!」なのです。

で、やはりココ!!

シーチャン島東側の沖の根である……。

ところがココで問題発生!

「大型船が係留するからそこ退け!!」とパトロール船に追い出された!!

そうすると……黄色のブイへ行くしかない!!

※赤ブイと言う手もあったんだけど、今回は船長任せ!!※なんせ全く知らない船長だし……。

ちなみに事前情報では凄いのが上がってる!!※場所は聞いてないけど……

超大物ヨコシマサワラ! 塩漬けにするのも大変そうだ。(タイではサワラの塩漬けが定番。この塩漬けを朝食のお粥の供として利用します)

持ってるのはワンチャイ船親分! Mr.ワンチャイさん!

この写真見た時、私は抱き枕だと思いましたが本物だそうです。

黄色のブイ到着!

おっと!!今日の参加メンバーはこちらの面々

時計回りに、隊長、アラさん、コウちゃん、テッチャンの4名です。

で、初めて早々に隊長に良型のマテアジが!!

このマテアジは船長にカツアゲされて泳がせ釣りの餌に……(写真撮る間もない早業!!)

その後、カンルアンが釣れてるので私は餌集めに小アジサビキ#2をセットして乱獲!!

小さいカンルアンが小さなサビキでガンガン釣れる!! これはこれで面白い。

しかし、この小アジサビキに少し大きな魚が掛かるとすぐに切れます(泣)

「アッ」と言う間に5本針が2本針に……。最後にはオモリごと行かれて The end……。

でも、「あっ」という間に『アジカンサイクロン』(明邦化学工業)がいっぱいになったので、大物狙いの泳がせ釣りに変更!!

小物がこれだけ居れば大物は多分居る! はず?

って事で、泳がせ釣り仕掛けをセット。

使ったのは、幹糸が20lb(5号)でハリスは16lb(4号)。針はムツ針等の管付きの「ねむり針」13号〜15号でオモリは12号(この日は潮が緩かったです)です。

ここでタイランド湾での泳がせ釣りについて、ちょっと感じたことを書きます。

日本では船からの泳がせ釣りで人気なのが「落とし込み」。サビキ仕掛けで表層〜中層でアジを掛けて、そのまま沈ませて大型魚を釣る釣り方です。

これをタイランド湾でやっていると、

① タイランド湾は深さが無い
②サビキで釣れる魚が底付近にいる
③大きな落とし込み仕掛けの針では小さなアジは食わすのが大変
④サビキに掛かった魚がアジとは限らない!!
⑤落とし込み用の太糸では餌になる魚の食いが極端に悪い!!

こんな感じで、都合の悪い点が多々ある事に気づきました。

なので、「最初に餌を確保しておく方が効率良く釣れるのでは?」と思い、アジを活かしておける『アジカンサイクロン』を導入し、小さいサビキ仕掛けを用意となりました。

次は泳がせの仕掛けをどうするか??

基本は胴突き仕掛けで、ハリスは30〜40センチで十分であると判明!!

最初は20lbの幹糸に16lbのハリスをエダス結びで直結してたんですが、ハリスが幹糸に絡むので現在改良中。

針は以前はタタキ針(日本式の結んだ時に止まる様に膨らんでる型)を使ってたんですが、太糸を使うと抜ける可能性がある為、この頃は管付き針(糸を結ぶ輪がある針)を使用してます。

針の種類ですが、餌のアジを魚が飲み込んだ時に口の奥に針掛かりすると魚の歯などでハリスが切れる確率が高くなるため、ネムリ針系を多用してます。

※ネムリ針は下の画像のように針先が極端に針のフトコロ側(内側)に曲がってます。そのため、飲み込まれても口の奥に針掛かりせず、口元(カンヌキ)にきれいに掛かるのでハリスが傷つきづらいです。

出典/がまかつ

この針にするとアジの鼻に針を少し刺し難いですが慣れれば問題無いです。

と言う事で、話を前に戻して、泳がせ釣り開始です!!

タックルは前回も紹介しましたが、フルソリッドの竿にカウンター付きベイトリール。PEラインは0.8号でショックリーダーは16lbです。

この日は泳がせている餌を3回程交換した後に来ました!!

よく飛ぶお魚は!!

ヤホぉ〜〜〜〜イ!!(オモリが比較的軽い為バレませんでした。)

女王様!!(クイーンフィッシュ)

その後……

もう1匹小型を追加! ここでこの場所を終わってシーチャン島東側に移動。

いきなり隊長がキャッチ!! この魚、まあまあいいサイズなんですが隊長が横向いたままで写真撮ったので、かなり小さくみえてしまう……。

この後アラさんが。

バラクーダぁ〜〜〜(オオカマス)

一日中ルアー投げてました!!

で、テッチャンは???

テッチャンも一日中マイクロジグで頑張ってましたが・・・

この子と格闘してました。

サビキでも少し釣ってましたが性に合わず、すぐにジグに……。結果……敗退!!

と言う事で東側は今ひとつパッとせず、15:00沖上がりとして帰港しました。

釣果としては取り敢えずそこそこアジは釣れました。(マテアジ、マブタシマアジ、カンルアンなど。※カンルアンは餌も含む)。

で、今回の船長は???と言うと……、

まぁ〜〜〜ダメですね!!

自分が釣りたいばかりでお客さんにはほぼ構わず……。

終始、泳がせ釣りの餌を流してるからアラさんが投げる所が無い!!

テッチャンもジグ投げたら仕掛けに引っ掛かり!!

私の泳がせ仕掛けも絡ませて……。

隊長の良型魚はすくってくれない!!

人の釣った魚は餌にするし!!

まぁ〜〜〜なんとかお土産は出来ましたが、「アカンな!!」な船長でした。(タイランドあるあるではあるんですが)

次回からはオリジナルワンチャイ船にしましょう!!

って事で疲れた1日でした……。

ではまた何処かで!!

安全装備で安心釣行を・・・コウちゃんでした。

コメント